日本出版販売、東北初の「LAWSONマチの本屋さん」として「ローソン田子町店」リニューアルオープン

店舗外観イメージ

日本出版販売(略称、日販)は、ローソンと連携し、2月1日に、「ローソン田子町店」(所在地:青森県三戸郡田子町)を「LAWSONマチの本屋さん」として、リニューアルオープンする。

「LAWSONマチの本屋さん」は、2021年からローソンと連携して展開している書店併設型店舗のブランド。2021年6月に埼玉県狭山市に一号店をオープンし、今回の店舗は7店舗目で、東北エリアでは初めての出店となる。店舗では、弁当・おにぎり・デザート・ベーカリー・飲料などの通常のコンビニエンスストアの品揃えに加え、約6000タイトルの本・雑誌の取り扱いを行う。

書店軒数が年々減少しているなかで、日販は「人と文化のつながりを大切にして、すべての人の心に豊かさを届ける。」というグループ経営理念のもと、街に書店のある風景と、誰もが自由に本と触れ合える環境を守ることに取り組んでいる。

その取り組みの一つが、生活のインフラを支えるローソンと連携し「LAWSON マチの本屋さん」を全国に展開することで、これによって多くのマチの人々に本との出会いの機会を提供することを目指している。

「ローソン田子町店」がある田子町は、書店が非常に少ない地域とのこと。田子町のある青森県三戸郡においても書店は年々減少しており、人口1000人当たりの書店坪数は、全国平均の約9.7坪に対し、約1.0坪となっている(三戸郡の数値は2020年の人口と2021年9月時点の書店坪数(当社調べ)から算出。全国平均数値は、書店調査会社「アルメディア」の2020年5月調査に基づく。文化通信社の記事内の数値から算出)。このような背景から、「ローソン田子町店」を増床・改装して「LAWSONマチの本屋さん」としてリニューアルオープンし、本との出会いを提供することで、多くの消費者の生活に文化的な豊かさを届けることができると考えている。

今後も日販とローソンは、地域の消費者の利便性向上を目的として、書店が少ないエリアを中心に、地域に根差した個性ある「LAWSONマチの本屋さん」の出店に取り組んでいく考え。

[「ローソン田子町店」概要]
リニューアルオープン日:2月1日(水)午前7時
所在地:青森県三戸郡田子町大字田子字塚ノ上ミ12-9
売場面積:306.3m2(約92.7坪)うち、書店部分75.7m2(約22.9坪)
営業時間:24時間
主な取り扱い商品:(通常コンビニ商品)おにぎり、弁当、調理パン、ベーカリー、デザート、ファストフーズ、まちかど厨房、飲料、酒類、日用品など約3500種類
本の取り扱い 雑誌、コミック、絵本、文庫本、小説、ビジネス書、新書など、約6000タイトル

日本出版販売=https://www.nippan.co.jp/
ローソン=https://www.lawson.co.jp/


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ