勤労者退職金共済機構がオリジナル漫画「教えて! 退田さん」を活用した「中小企業退職金共済制度」のPR活動を展開

 勤労者退職金共済機構は、10月3日から、中小企業のための国の退職金制度「中小企業退職金共済制度」(以下、中退共制度)のプロモーション活動の一環として、オリジナル漫画「教えて! 退田さん」を活用した、TV-CM・広告・ポスター等の展開を実施する。

 「中退共制度」は、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度。同制度は、中小・零細企業が単独では退職金制度を設けることが難しい状況を考慮してつくられたもので、中小企業の従業員の福祉の増進と雇用の安定、ひいては中小企業の振興と発展に寄与することを目的としている。国の退職金制度であるため安心・確実・有利で、管理も簡単とのこと。同制度は、勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(中退共本部)が運営しており、7月現在、約37万8000企業(所)、約364万人の従業員が加入している。

 今回は、10月の「中退共制度」加入促進強化月間にあわせて、より多くの人に同制度を知ってもらうためのプロモーション活動を実施する。昨年好評を得たオリジナル漫画「教えて! 退田さん」を活用したTV-CM・広告・ポスター等を展開する。

 「教えて! 退田さん」とは、中小企業の事業主に対していつも的確なアドバイスをしてくれる、頼れる税理士・退田さんを主人公としたオリジナル漫画だとか。同作の中で退田さんは、中小企業の事業主から「若手社員の離職率が高い」という悩みを相談されたことを受けて、「中退共制度」を活用した福利厚生の見直しを提案する。漫画の内容は、実際に同制度の加入を検討する際に、税理士や社会保険労務士に相談する事業主が多いことをふまえた、リアリティのある設定となっている。事業主と税理士のやり取りをベースとしたオリジナルストーリーを通じて、自然な流れで同制度の理解を深めることができる。

 今年度のプロモーションでは、制作物のすべてに「教えて! 退田さん」のキャラクターが登場する。退田さんたちを通じて、「中退共制度」が中小企業の強い味方であるというメッセージを伝えていく。

 10月3日から、BSフジ、TVer等でTV-CMを放映開始する。CMには、漫画の主人公・退田さんのほか、町工場の社長さんや、家族経営の花屋さんなどの新たなキャラクターが登場。中小企業の人はもちろんのこと、小規模企業や家族従業員のみの企業の人でも「中退共制度」の対象になることを意識した構成となっている。

 また、新聞・雑誌・WEBで広告を掲出。さまざまなメディアを通じて「中退共制度」をアピールする。さらに、“中小企業の皆さん!国の退職金制度、あります。”をキャッチコピーとしたポスター・チラシを展開する。

 特設サイトでは、「マンガでわかる中退共」と題し、オリジナル漫画「教えて!退田さん」を公開。アニメ感覚で視聴できる「漫画動画」と、より詳しい解説を加えた「漫画冊子版」の2つのバージョンを用意している。

勤労者退職金共済機構=https://www.taisyokukin.go.jp/
「中退共制度」特設サイト=https://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/special/index.html
TV-CM「入れます」篇(動画)=https://youtu.be/9LRYZZv_Ctg


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ