「ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~」をムーミンバレーパークで開催、車中泊が楽しめる「メッツァRVパーク」もオープン

 ムーミン物語は、10月22日~来年1月9日の期間、イルミネーション×森×音の冬季ナイトイベント「ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~」をムーミンバレーパークで開催する。日本RV協会(以下、JRVA)は、2012年から、全国各地に温泉、旅館、道の駅、遊園地等の様々な施設でRVパークの設置を進めており、今回ムーミン物語の世界観が楽しめるムーミンバレーパークなど、北欧空間を楽しむことができる複合施設メッツァに隣接した「メッツァRVパーク」がオープンした。10月22日には、「ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~」の先行体験会および「メッツァRVパーク」の説明会などが行われた。

 「車中泊」は、海外では幅広い世代に親しまれており生活に身近な存在である一方、日本ではまだそのようなライフスタイルは確立されていないという。そのため、違法行為やマナー違反といった扱いを受けたり、長時間駐車ができる場所は街灯や人気が少ない等、危険が隣り合わせになる可能性があった。そこでJRVAでは、米国を中心に設置されている“RVパーク”を日本独自の「誰でも利用できる・安全かつ快適な・車中泊を楽しめる場所」として、国内で拡充させていくべく、2012年から認定活動を行っているという。

 昨今では、人との接触を避けて楽しめるということで「車中泊」に注目が集まっており、キャンピングカーオーナーの75%以上が1度以上利用経験があると回答するなど、以前にも増して需要と重要性が高まってきている。JRVAでは、今後も多くの人が「車中泊」を安心安全に利用できる“RVパーク”をあらゆるステークホルダーと推し進めるとともに、その存在自体を認知してもらうことで旅の選択肢に多様性が生まれていくようにこれからも取り組んでいく考え。

 「メッツァRVパーク」は、北欧のライフスタイルを感じられるマーケット、カヌーやワークショップなどのアクティビティ、季節のイベントなどを体験できる「メッツァビレッジ」と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」の2つのゾーンからなる複合施設「メッツァ」のエントランスエリアに新しく生まれたRVパーク。ワーケーション利用やペットと一緒に過ごしたりと、安心のプライベート空間での楽しみ方は様々だとか。大切な愛車と一緒に快適な時間を過ごしてみては。

 説明会では、トイファクトリーのキャンピングカーを展示。キャンピングカーには、キャンピングカー専用の国産エアロソーラーシステムを搭載。ブラックアクリル断熱2重窓でリア全面エアロウィンドウ仕様となっている。

 ソーラー充電情報や電気残量、インバーターやFFヒーターなどすべての電気管理を手元で行うオートインフォメーションボードとすべての電気系統の管理保護を行うディストロシステムも搭載している。エンジンがOFFでもクーラーONで仕様できるなど、これからの季節も快適な車中環境を整えてくれるキャンピングカーとなっていた。

 10月22日~来年1月9日の期間、ムーミンバレーパークで開催される、イルミネーション×森×音の冬季ナイトイベント「ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~」について、ムーミン物語 営業推進部の川崎氏が説明した。

 「冬の外出のフックとしてイルミネーションがあげられており、テーマパークでは秋から年初にかけてパーク内をライトアップする施設が多数みられる」と、テーマパークにとってイルミネーションは重要な集客イベントなのだと力説する。

 「ムーミンバレーパークでは、多くの電飾でライトアップされたイルミネーションというスタイルではなく、昨今注目を集めるナイトウォークをイルミネーションに取り入れた、ストーリー型の夜のイベントを展開する」と、イルミネーションとナイトウォークを組み合わせたイベントを実施すると意気込む。

 「イルミネーションを眺めるだけでなく、テーマパーク内を歩いてもらい、ムーミンの世界観を追体験してもらうべく、イルミネーションと森、そして音の3つを楽しむ内容になっている」と、ムーミンの世界観を音を使って表現するのだと解説する。「“あなたにとって大切なもの”をテーマに物語を選んでいる。夜になるとキャラクターたちのシルエットが浮かび上がる幻想的な世界を楽しんでほしい」と、「ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~」のポイントについて紹介した。

 「ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~」のポイントである音の部分について、ソニー ビジネスプロデューサーの八木氏が説明した。

 「ムーミンの世界の音の部分を担当。キャラクターの声を通じて、想像力を掻き立てる物語を楽しめるようになっている」と、ナイトウィークに音を加えることで、物語の世界観が一気に広がる仕掛けが施されているとのこと。「体験者の位置に連動した音の体験ができるアプリを使用。臨場感も体感できるアプリとなっている」と、専用アプリを使ってムーミンの世界観を楽しんでほしいと訴える。

 「体験者の動きに合わせたインタラクティブな体験も可能で、体験した思い出もARカメラを使って残すことができる」と、キャラクターと一緒に写真を撮るなど、ナイトウォークでしか体験できない仕掛けが組み込まれていると教えてくれた。

 「ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~」では、夜の営業時間中だけ食べられる限定ディナーメニューが新登場する。「サーモンと魚介の具だくさんスープ」は、寒い季節にぴったりの温かいスープとパンのセット。

 「雪玉のミートボール」は、クリームソースをたっぷりとかけたミートボールでお腹が満たされる一皿になっている。

 体温まるテイクアウトフードで冬のムーミンバレーパークを満喫できるとのこと。「ポークバン」は、「SAIBOKU」のゴールデンポークを使用した豚まんに、スナフキンのアートを入れた。「SAIBOKU」は、埼玉種畜牧場・サイボクで、「日本で一番美味しい豚を育てる」をスローガンに、豚の育種から精肉、ハム、ウインナーの製造・販売まで完全一貫体制で手掛けている。このほか、コーンスープやホットショコラ・ホットワインもへルックヤで販売する。

 さらに、Instagramフォロワー数1000人以上の人を対象に、入場が無料になるキャンペーンを期間限定で行い、「#イルモリ応援隊1K+」として、イベントを一緒に盛り上げる施策を実施する。併せて、イベントをより楽しんでもらえるよう、専用の公式Instagramアカウントを新規開設し、イベントの魅力や楽しみ方を発信する。恒例のフォトコンテストも開催するので、Instagramの公開アカウントを持つ人であれば、誰でも参加できる。

[メッツァRVパーク(埼玉県)概要]
所在地:埼玉県飯能市宮沢327-6
アクセス:圏央道狭山日高インターチェンジから県道262号線経由約5.4km
     ※ナビでは「メッツァ駐車場」入口となる「宮沢27-44」と入力
施設特徴:トイレ24時間利用可、暖房便座トイレ、入浴施設(温泉)、ごみ処理対応可、電源(有料)あり、水道(無料)あり、ペット同伴可
電話番号:0570-03-1066(営業時間 10:00~18:00 ※平日・土日祝日ともに)
利用料金:4000円~(1泊/1台、一般利用時)
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1082.html

[「ムーミン谷のナイトウォーク~イルモリノオト~」開催概要]
実施期間:10月22日(土)~2023年1月9日(月・祝)
※休業日:10月~11月16日までの毎週水曜日、12月31日(土)、1月1日(日)
営業時間:17:30~20:00(最終入場19:00)
チケット料金(税込):おとな(中学生以上)1400円、こども(4歳~小学生)700円
詳細:https://metsa-hanno.com/lp/ilumorinooto2022/

ムーミンバレーパーク・メッツアビレッジ=https://metsa-hanno.com/
日本RV協会=https://www.jrva.com/


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ