名画をモチーフにし「世界の美術館 傑作記念コイン~時代を彩った、女性たちの輝き~」を泰星コインが予約開始

世界の美術館 傑作記念コイン~時代を彩った、女性たちの輝き~

泰星コインは、今年生誕270年を迎える喜多川歌麿や、同時代の画家が女性を描いた名画をモチーフにした「世界の美術館 傑作記念コイン~時代を彩った、女性たちの輝き~」を、世界に先駆けて1月16日から国内金融機関等で予約販売を開始する。

同コインは、世界最古の歴史と芸術性で定評のある「フランス国立造幣局」(モネ・ド・パリ)が鋳造・発行するもので、海外でも高い人気を誇る喜多川歌麿の浮世絵「ビードロを吹く娘」、フランス7月革命を描いたドラクロワの傑作「民衆を導く自由の女神」、18世紀を代表する女性画家ルブランの「マリー・アントワネット」の3作品がモチーフとなる。シリーズ最大となる希少な四角型の5オンス金貨(約155g)をはじめ、緻密な彫刻技術で立体的に表現された金貨、独自の彩色技術で名画をリアルに再現したカラー銀貨など、8種類をラインアップする。

近年人気が高まっている大型金貨として、5オンス(約155g)の「500ユーロ金貨〈民衆を導く自由の女神〉」が登場。四角型の5オンス金貨は特に希少性が高く、国内金融機関での取り扱いは初となる。また世界での発行数99枚のうち、70枚を日本で限定販売する。

チーフとなるのは、喜多川歌麿の「婦女人相十品」シリーズで赤い市松の着物が印象的な「ビードロを吹く娘」、フランスの象徴的な絵画の一つであるドラクロワの「民衆を導く自由の女神」、女性画家ヴィジェ=ルブランによる王妃の肖像画「マリー・アントワネット」の3作品となる。これらの作品を収蔵する「ルーヴル美術館」や「ヴェルサイユ宮殿」などのグラフィックを組み合わせた独創的なデザインも注目される。

コインを手がけるのは、造幣局としては世界最古の864年に設立され、美術館も併設するフランス国立造幣局。芸術性と独創性、職人による高度な技術を融合したコインは、世界的に高く評価されている。

同造幣局独自の最先端の彩色技術を用いて、実物さながらのリアルさで名画をコインの中に再現した「カラー銀貨3種セット」は、アートファンやビギナーのコインコレクターにも手軽に楽しめる。

すべての金貨およびカラー銀貨は、純度99.9%(純金・純銀)の高品位を誇る。

[小売価格]
単品
 200ユーロ金貨<ビードロを吹く娘>:71万5000円(限定450枚)
 50ユーロ金貨<ビードロを吹く娘>:18万7000円(限定200枚)
 50ユーロ金貨<民衆を導く自由の女神>:18万7000円(限定200枚)
 50ユーロ金貨<マリー・アントワネット>:18万7000円(限定200枚)
 500ユーロ金貨<民衆を導く自由の女神>:352万円(限定70枚)
セット
 金貨3種セット:56万1000円(限定300セット)
 カラー銀貨3種セット:4万9500円(限定1100セット)
※各商品すべてに特製ケースと発行証明書を付けて引き渡す
(すべて税込)
[予約開始日]1月16日(月)

泰星コイン=https://www.taiseicoins.com/


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ