PayPayほけん、PayPayで加入できてケガ・入院でかかる費用を補償する「あんしん医療」の提供を開始

Zホールディングス(以下、ZHD)およびZHDのグループ会社であるZフィナンシャル、PayPayとPayPay保険サービスは、キャッシュレス決済サービス「PayPay」内の「PayPayほけん(1dayほけん)」ミニアプリ(PayPayのパートナー企業が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどが「PayPay」アプリからスムーズに行うことができる機能)で「あんしん医療」の提供を1月23日から開始した。

PayPay保険サービスの調査(調査期間:2021年4月30日~5月5日・調査対象:国内在住の20歳~49歳の人、3300人)において、がん・医療保険の未加入者が保険加入しない理由として「保険料が高いから」との回答が最も多く、がん・医療保険加入者の月々の保険料は「3000円以上」の回答が半数以上であることがわかった。

そこで、PayPay保険サービスは、万が一のケガや病気に備えたいユーザーが手軽に加入できる「あんしん医療」の提供を開始する。同商品は、シンプルな加入手続きに加えて、リーズナブルな価格設定を実現し、ライフスタイルの変化に伴い初めて医療保険の加入を検討している人や、煩雑な手続きから医療保険の加入を敬遠してきた人のニーズを捉えた商品となっている。

例えば30歳の人は月額570円から加入でき、保険期間中に病気やケガによって入院した場合は5万円から、初めてがんと診断された場合は10万円から保険金を受け取れる。

「あんしん医療」は、「PayPay」のアプリから簡単に加入できる。ユーザーのニーズに応じて月額型の3種類のプラン(お手軽プラン・基本プラン・安心プラン)から選択でき、保険料は「PayPayポイント」をはじめとする「PayPay残高」で支払える。なお、44歳以下の人は保険料無料で「あんしん医療(入院一時金プレゼント版)」に3ヵ月間加入できる。「あんしん医療(入院一時金プレゼント版)」の保険期間中に病気やケガによって入院した場合、入院一時金として3万円の保険金が受け取れる(44歳以下の人が3ヵ月間保険料無料で加入できる「あんしん医療(入院一時金プレゼント版)」の補償内容は入院一時金のみ。3ヵ月の期間終了後、「あんしん医療」が開始となり、「PayPay残高」で自動決済される)。

「PayPayほけん(1dayほけん)」は、サービス開始から1年で累計加入件数が120万件(1月23日時点)を突破し、多くのユーザーに利用されている。PayPay保険サービスはこれからも「ほけんを手軽に入りやすく」するために、ユーザーのニーズにマッチした高品質な保険商品を提供し、ユーザーに貢献していく考え。

[開始日]1月23日(月)

Zホールディングス=https://www.z-holdings.co.jp/
Zフィナンシャル=https://www.z-financial.co.jp/
PayPay=https://paypay.ne.jp/
PayPay保険サービス=https://www.paypay-insurance.co.jp/


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ