フェムケア&フェムテック(消費財・サービス)市場に関する消費者アンケート調査(2022年)、認知度は5.8%で前年調査の3.4%からは2.4ポイント上昇

 矢野経済研究所は、フェムケア・フェムテック(消費財・サービス)のアイテム・サービスへの認知度や購入・利用状況、女性特有の健康の悩み・不調への対処方法等について消費者アンケート調査を実施した。ここでは、フェムテックの認知度や女性特有の健康課題の男性への情報共有について、調査結果を公表する。その結果、全国の20代から60代の女性1万147人の「フェムテック」の認知度は5.8%、前年調査の3.4%からは2.4ポイント上昇したものの依然低い水準にとどまった。今後は若年層への認知拡大が課題とみられる。

 2022年9月に全国の20代~60代の女性1万147名に対して、フェムケア・フェムテック(消費財・サービス)のアイテム・サービスへの消費者アンケート調査を実施した。

 まず、「フェムテックという言葉の意味を知っているか」と尋ねたところ、フェムテックの認知度は5.8%であった。前回調査(2021年9月)の認知度3.4%からは2.4ポイント上昇したものの、依然として「フェムテック」の認知度は低いという結果になった。

 また、「(フェムテックという言葉を)聞いたことはあるが、(言葉の)意味はわからない」という回答は14.0%と、前年から4.3ポイント上昇した。2021年以降、メディアでもフェムテックについて取り上げられることが増え、耳にする機会が多くなったためと考えられる。

 認知度を年代別に見ると、フェムテックアイテム・サービスのターゲット世代となっている30代(8.1%)、40代(7.8%)の認知度が若干高い。ただ、全年代で約8割が「(フェムテックという言葉を)知らない」と回答しており、50代(83.7%)60代(84.5%)では80%を超えている。

 こうした結果から、フェムケア・フェムテックのマーケットを拡大するためには、まず将来のターゲットとなり得る若年層への認知度向上が必要となり、今後のさらなる認知拡大が課題になるといえるだろう。

 同調査で「女性特有の健康課題について男性(上司、同僚、パートナー、家族など)に一般的な知識を知っておいてほしいと思うか」と尋ねた。健康課題としては、「月経痛」「PMS(月経前症候群)」「更年期症状・障害」「不妊・妊活」「婦人科系疾患」の5つについて質問した。

 「月経痛」の一般的な知識を知っておいてほしいという回答では、「男性パートナー」(56.2%)、「男性上司」(47.5%)、「男性同僚」(43.4%)、家族[父親・兄弟など](39.2%)の順となった。

 また、月経痛の一般的な知識を共有したいという回答では、男性パートナーが42.0%と他の属性と比較して極めて高い比率であった。

 調査結果からは、男性にも女性の健康課題について一般的な知識を知っておいてほしいと考えている女性がほぼ半数いることがわかった。特に、女性にとって男性パートナーは女性特有の健康課題について知識を知っておいてほしいと感じている存在であることがわかる。「フェムテック」自体の認知度はまだ低いが、周囲の人に女性特有の健康課題について一般的な知識を知っておいてほしいと考える女性は少なくない。

 但し、「自分自身の女性特有の健康課題について男性(上司、同僚、パートナー、家族など)に共有したいと思うか」と尋ねた回答では、「月経痛」について男性上司に共有したいと答えた女性は19.1%、同じく男性同僚に共有したい女性は18.0%となるなど、多くの女性が「一般的な知識を知っておいてほしい」という気持ちと、「自分自身の健康課題として共有したい」という気持ちとの間に、大きく異なる感覚を持っていることがわかった。

[調査要綱]
調査期間:9月
調査対象:全国の20代から60代の女性1万147人
調査方法:インターネットモニターを対象とした消費者アンケート調査
[小売価格]5万5000円(税込) 

矢野経済研究所=https://www.yano.co.jp/


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ