SIXPADと日本ランニング協会が「SIXPAD RUNNING METHOD」を共同開発、ランナーがより早く走るための体幹トレーニングメソッド

 MTGが展開する、EMS(Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激)を中心としたトレーニングブランド「SIXPAD」は、ランナーがより速く走るための「SIXPAD RUNNING METHOD」を、日本ランニング協会マスターインストラクターの園原健弘氏と共同開発した。12月14日に行われた発表会では、SIXPADと日本ランニング協会が共同開発に至った背景や、「SIXPAD RUNNING METHOD」がランニング界に与える影響、メソッドの概要などについて説明した。

 「当社は、事業ビジョンに『VITAL LIFE~世界中の人々の健康で美しく生き生きとした人生を実現~』を掲げ、ヘルスケア、ビューティー、ハイジーンの3つの領域で、ブランド、商品、サービスを展開している」と、MTGの松下剛社長が挨拶。「トレーニングブランド『SIXPAD』では、『ホームジム』『パワースーツ』『ヘルスケア』『リカバリー』の4つの分野に向けて様々な商品を開発・提供しており、これまでにプロボクサーの井上尚弥選手や歌手の長渕剛さんなどをサポートしてきた。そして今回、『SIXPAD Powersuit Core Belt』を着用しながら効率的に体幹を鍛えることができる世界初のメソッド『SIXPAD RUNNING METHOD』を開発した。有酸素運動と体幹トレーニングを同時に実現するこのメソッドが、日本から世界中のアスリートランナーへ広がることに期待している」と、全世界のランナーに新たなランニングメソッドを提案していくと意気込んだ。

 「SIXPAD RUNNING METHOD」を日本ランニング協会と共同開発した経緯について、松下社長は、「当社は、これまでEMSテクノロジーで体幹トレーニングをしながら走る『ハイブリッドランニング』を開発してきた。ランナーにとって、体幹を鍛えることは、正しいフォームを長時間維持し、安定感のある走りを実現するとともに、ケガの予防にも重要であるといわれている。そこで、限られた時間の中で最大のパフォーマンス向上を目指すアスリートランナーにこそ、『ハイブリッドランニング』の有効性があると考え、日本ランニング協会と共同で新たなメソッドの開発に取り組んだ」と語る。

 日本陸上競技連盟強化委員会マラソン強化・戦略プロジェクトリーダーで、日本ランニング協会の応援団長を務める瀬古利彦氏は、「私が現役の時代に『SIXPAD RUNNING METHOD』があったら、フルマラソンで2時間を切れていたかもしれない。マラソンでは、足の次に体幹が重要になると考えている。体幹がぶれると、フォームが上下動したり、前傾になったり、後傾になったりして、ケガにつながるリスクもある」と、マラソンにおける体幹の重要性を強調。「『SIXPAD RUNNING METHOD』では、走りながら効率的に体幹を鍛えることができる。このメソッドをきっかけに選手のパフォーマンスが向上し、近い将来、日本新記録が生まれることに期待している」と、日本ランニング界の飛躍のカギを握るメソッドなのだと力説していた。

 続いて、MTG SIXPADブランドマネージャーの熊崎嘉月氏が、「SIXPAD RUNNING METHOD」で着用する「SIXPAD Powersuit Core Belt」の商品概要について紹介した。「『SIXPAD Powersuit Core Belt』は、布製電極エレダインを腹直筋に2枚、腹斜筋に2枚、背筋に2枚、合計6枚配置している。これによって、ジェルシートなしで、独自のEMSが腹筋、脇腹、背筋に同時にアプローチし、体幹を鍛えることができる」とのこと。「また、20Hzと4Hzの2種類のモードを搭載した。20Hzは、筋肉を効率的にトレーニングする周波数で、約23分間、集中的に体幹を鍛える。4Hzは、ウォームアップやストレッチ、クールダウンとの併用で、約30分間、身体を整える」と、用途に応じて周波数を切り替えることができると説明した。

 「『SIXPAD Powersuit Core Belt』を着用したハイブリッドランニングの効果としては、開始から8週間後に、腹直筋の筋厚が20名平均で19.7%アップした。また、腹斜筋の筋厚は17.9%アップ、脊柱起立筋の筋厚も15.7%アップしていた」と、筋肥大に関わるエビデンス結果にも言及。「このハイブリッドランニングをベースに開発した今回の『SIXPAD RUNNING METHOD』は、アスリートはもちろん、日常でランニングを楽しむすべてのランナーにとって継続しやすいメソッドになったと自負している。多くの人にとって日常生活の中で時間を確保することが難しいなかで、このメソッドであれば、誰でも簡単に継続したトレーニングを積むことができる。今後は、日本ランニング協会とともに、世界のランナーに『SIXPAD RUNNING METHOD』を発信していく」と意欲を見せていた。

 また、発表会では、新春の学生駅伝で3年ぶりのシード権獲得を目指す明治大学が「SIXPAD RUNNING METHOD」を練習に導入している様子がビデオ映像で紹介された。駅伝部の山本監督は、「厚底シューズが浸透し、選手のケガをする場所が変化してきたこともあり、特殊なトレーニングが必要だと感じていた。トレーナーに診てもらうことも大事だが、走りながら体幹トレーニングができるメソッドは、より体幹や正しいフォームを意識しやすいと思い導入した」と、メソッドを導入した理由を語った。小澤主将は、「もう一段階強くなるためには、特に体幹や筋力を『補強』ではなく『強化』をしないと試合で戦えないのではないかなと思っている。メソッドは、時間のない中でも体幹を鍛えながら練習を積むことができるため、僕たち学生にとってとても効率的なトレーニングだと感じている。後半も腰が落ちずに走り、故障のない身体づくりを頑張っている」と、メソッドによるトレーニングの手ごたえを話していた。

 そして、「SIXPAD RUNNING METHOD」の概要について、共同開発に携わった日本ランニング協会マスターインストラクターの園原健弘氏が解説した。「近年、陸上競技界では厚底シューズが主流となっている。しかし、厚底シューズの最大の特性である地面反力を得るためには、バネのように弾性のある身体になることが求められ、そのためには体幹と筋肉が必要となる。体幹トレーニングで最も重要なことは継続することであり、毎日取り入れやすいようにシンプルで効率的な3ステップのメソッドを開発した」と、近年主流の厚底シューズの地面反力を得るためには体幹強化が必須であると指摘する。「まず、メソッド1では、『SIXPAD Powersuit Core Belt』を着けて、ハイブリッドランニングを行う。このメソッドは、筋肉や関節が固まっている早朝にトレーニングをするのが効果的。また、コアを意識して、末端をフリーにして走ることで、体幹を鍛えながら理想のフォームへと導く」と、メソッドのベースとなるハイブリッドランニングのポイントについて教えてくれた。

 「メソッド2では、『SIXPADスワイショー』と『SIXPAD切り返しステップ』の2種類の体幹エクササイズを行う。EMSテクノロジーにより筋肉を集中的に鍛えながら、身体をムチのように使いこなすことで、より速い動きと、しなやかで美しいフォームへと導く」と、ハイブリッドランニングに加え、エクササイズでさらに体幹を鍛えるという。「メソッド3では、『SIXPADロングブレス』と『SIXPADストレッチブレス』の呼吸筋エクササイズを行い、呼吸筋を強化する。EMSテクノロジーによってインナーマッスルにアプローチし、酸素を大量に取り込み、循環できるようにすることで、マラソン後半でもバテない、疲れにくい身体へ導く」と、アスリートランナーの課題に寄り添ったメソッドになっているとアピールした。

MTG=https://www.mtg.gr.jp/
SIXPADブランドサイト=http://www.sixpad.jp


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ