ファッションと洗濯に関するアンケート調査、“質の良いものを長く着る”と“お気に入りの一枚を着倒す”が上位に

 無添加石けんのパイオニアであるシャボン玉石けんは、11月29日(いい服の日)にちなんで、20~60代の男女を対象に「ファッションと洗濯に関するアンケート調査」を実施した(WEB調査/調査期間:2022年11月11日~20日/調査対象:20~60代の男女/サンプル数:541人)。その結果、“質の良いものを長く着る”と“お気に入りの一枚を着倒す”が上位になった。サステナブルなファッションには“洗濯”がカギで、洗濯石けんで服を長く着てほしい考えを示した。

 ファッションにおいて意識していること上位は、(1)自分が本当に気に入ったものだけを購入する、(2)お手入れのしやすい素材を選ぶ、(3)流行やトレンドにとらわれずに選ぶ--となった。長く着続けているお気に入りの服を持っている人は85%だった。品質の良い服を長く着続けたいと思っている人は82%もいた。ファッションにおいて、エシカルやサステナブル、環境について意識している人は66%で、具体的には「質の良いものを長く着る」、「お気に入りの1枚を着倒す」が上位にランクインした。

 物価高対策の上位は、(1)ファッションにかける費用を減らす、(2)少ない服で着まわす、(3)品質を重視する--となった。ニットなどのおしゃれ着ケアは、自宅で洗う人が半数以上を占める一方、型崩れや縮み、正しい洗い方が分からない、といった悩みを抱えていることもわかった。洗濯石けんを使ってみたい人は46%だった。

 アンケート調査の結果、ファッションにおいて意識していることの上位は、1位「自分が本当に気に入ったものだけを購入する」69%、2位「お手入れのしやすい素材を選ぶ」39%、3位「流行やトレンドにとらわれずに選ぶ」35%だった。また、長く着続けているお気に入りの服がある人は85%、品質の良いものを長く着続けたいと思う人は82%、と質の良いものやお気に入りの服を長く着続ける傾向があることが分かる。

 近年、ファッションにおいても「エシカル」「サステナブル」「環境にやさしい」といった商品・サービスが増えているが、ファッションにおいて「エシカル」「サステナブル」「環境にやさしい」などを意識している人は66%にのぼり、具体的に意識していることは、1位「質の良いものを長く着る」が41%、2位「お気に入りの1枚を着倒す」が28%とランクインしていることが分かった。

 昨今の物価高を受けて、ファッションにおいて意識していること・これから取り組みたいことは、1位「ファッションにかける費用を減らす」36%、2位「少ない服で着まわす」33%、3位「品質を重視する」31%で、少なくても質の良い服でファッションを楽しむ傾向がうかがえる。

 さらに、ニットなどのおしゃれ着のケアについては、自宅で洗う方が半数以上を占めている一方、型崩れや縮み、正しい洗い方が分からない、洗浄剤を使分けるのが面倒、といった悩みがあることが分かった。

 石けんは普段着からニットやシルクなどのおしゃれ着まで洗濯することができ、柔軟剤なしでもふんわり柔らかく仕上がり、排水は短期間で水と二酸化炭素に生分解されるので環境にやさしいという特長がある。こうした石けんの特長を踏まえて、46%が洗濯石けんを使ってみたいと回答した。

 環境にも財布にもやさしい石けんで、衣類ケアを始めてみては。

シャボン玉石けん=https://www.shabon.com/


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ