「セイコー プロスペックス」から氷河の美しい世界を表現したセイコー腕時計110周年記念限定モデルを発売

 セイコーウオッチは、「セイコープロスペックス」から、セイコー腕時計110周年を記念し、美しい白銀の氷河の世界を表現した数量限定モデルを来年1月13日に発売する。

 1881年、時計の修繕と販売から事業を開始し、1892年に掛時計の製造に着手。大正初期、懐中時計が主流の時代、やがて来るであろう腕時計の時代に備え、セイコーは腕時計の試作・研究を続け、1913年、国産初の腕時計「ローレル」を完成させた。

 「ローレル」は、2014年には日本機械学会から、日本の機械技術や産業の発展に寄与し、国民生活や文化に貢献した文化的遺産として次世代に伝えるべく、「機械遺産」に認定されている。

 「ローレル」の開発以降も、セイコーは110年数々の革新的な腕時計を世に送り出してきた。

 誰もが正確な時刻を手にすることができるように、また、人それぞれの大切な「時」に彩りを添えるために。これまでも、これからも。

 セイコーのダイバーズウオッチは、1960年代から70年代にかけて南極や北極へ向かう多くの冒険家や探検家に使用され、過酷な環境下でも使用できる信頼性と安全性が実証された。ダイヤルには、セイコーダイバーズの信頼を築いた、極地に広がる壮大な白銀の氷河を、立体的な型打ち模様とホワイトシルバーの色彩で再現し、光の加減により現れる美しい陰影の世界を力強く表現している。また、数あるセイコーダイバーズウオッチの中で、1968 年に誕生したアーカイブモデルの特徴的なケースフォルムを踏襲し、コンパクトで上質感のあるデザインに仕上げた。

 しなやかで腕なじみの良い5列のメタルブレスレットによって高い装着性を実現。さらに、美しい氷河の表情を表現した替えストラップが付属する。環境に配慮し、ペットボトル再生原料を100%用いたセイコー初のファブリックストラップであり、「製紐(せいちゅう)」と呼ばれる日本の伝統技術が用いられた技法で編み込まれ、複数色の糸を組み合わせた立体的で豊かな表情の織り柄が特徴となっている。この「製紐」によって、セイコーダイバーズウオッチの厳しい基準をクリアしており、タフな使用環境での長時間使用にも耐え得る丈夫さを備えている。また、しなやかで通気性に優れ、常に心地よい肌触りを保つストラップとなっている。

 「セイコー プロスペックス」は、これまでセイコーダイバーズを支持しているダイバーや、大いなる海へ感謝の気持ちを込め、さまざまな海洋保護を支援している。Save the Ocean シリーズは、その想いを象徴するシリーズとなっている。

 セイコーは、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)の目標14(海の豊かさを守ろう)を念頭に、今後も活動を継続していく。

[小売価格]14万8500円(税込)
[発売日]2023年1月13日(金)

セイコーウオッチ=https://www.seikowatches.com/jp-ja


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ