TPCマーケティングリサーチ、昆虫食市場について調査、2021年は前年から約6割増の10.8億円に拡大

TPCマーケティングリサーチは、国内の昆虫食市場について調査を実施した。その結果、2021年における昆虫食市場は、前年から約6割増の10.8億円に達した。今後の国内市場の成長に向けては、トライアル層のロイヤルユーザー化だけでなく、より広いユーザー層へアプローチが必要とみられる。

2021年における昆虫食市場は、前年から約6割増の10.8億円となっている。市場としてはまだニッチであるものの、2020年5月に良品計画の「コオロギせんべい」が発売となったことで認知が拡大し、トライアルユーザーを取り込むことに成功した。特に、環境問題を自分事として捉えている若年層は、サステナブルフードとしての昆虫食に強い関心を示しており、2020年から2021年にかけての急激な成長に貢献している。

昆虫食は2013年に国際連合食糧農業機関(FAO)が「食品及び飼料における昆虫類の役割に注目した報告書」を発表したことで、サステナブルフードとして認知を広げ、欧米を中心に事業化に向けた技術開発や安全性試験が進められてきた。しかし、日本では昆虫を食品として扱うためのルールが未整備の状態が続き、海外原料が割高なこともあって利用と認知が進まない状況が続いていた。

良品計画の「コオロギせんべい」は大手ブランドが昆虫食に参入した初めての事例として注目され、エンドユーザーと食品メーカーに昆虫食の持つ環境的な付加価値を広げる契機となっている。また、2021年以降、食用昆虫のコストパフォーマンスや将来性、参入の容易さに注目したスタートアップ企業が続々と参入しており、これまでの課題だった原料供給の少なさが徐々に改善されつつある。

今後の国内市場の成長に向けては、トライアル層のロイヤルユーザー化だけでなく、より広いユーザー層へアプローチしていくことが必要となっており、昆虫の持つ栄養・おいしさなどを活かしていくための用途開発が重要性を増している。

同レポートでは現状の国内昆虫食市場の動向を参入企業の取り組みと市場規模の観点から分析し、市場成長に必要な要素を視える化。今後の事業戦略の策定に資するデータとして提供する。

[調査実査日]2022年10月~12月
[小売価格]10万8900円(税込)

TPCマーケティングリサーチ=https://www.tpc-cop.co.jp/


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ