「キリン 本搾りチューハイ」がリニューアル、“何も足さない、果実そのままのおいしさ”がさらに進化

 キリンビールは、“果汁とお酒だけでできている、果実そのままのおいしさを楽しめるチューハイ”がコンセプトの「キリン 本搾りチューハイ」シリーズを、11月製造品から順次リニューアルする。

 同社の調査によると、近年コロナ禍で生活意識や行動が変化し、家での食事の機会が増加する中、より素材や健康を意識した選択をする人が増えている。また、拡大傾向が続くRTD(Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料)市場においても、RTDに対し食中酒としての期待が高まっている。中でも「本搾り」ブランドは、2003年2月の発売以来、香料・酸味料・糖類無添加の「果汁とお酒だけ」というシンプルな製法でつくっており、食中酒としてのニーズを満たすとともにそのおいしさが多くの消費者に支持され、累計販売本数は28億本を突破し、消費者から長く愛されている。

 今回のリニューアルでは、グレープフルーツとレモンフレーバー(ピンクグレープフルーツ、オレンジは中味の変更無し)の果汁の配合を見直し、酸味・苦み・甘みのバランスを改善することで、「丸ごと搾ったような果汁感」をより実感できる中味を実現し、飲みごたえはそのままに、飲み飽きないおいしさへ進化した。事前の消費者調査では、「食事に合う」「甘みが抑えられた」と好評を得ている。

 同社は、「本搾り」シリーズの独自価値である「果実そのままのおいしさ」を通じて、果汁系RTDカテゴリーを愛飲している消費者の期待に応えて、伸長するRTD市場のさらなる活性化を図る考え。

 中味のリニューアルでは、グレープフルーツは、丸ごと搾ったような果汁の満足感と、ちょうどよい甘さと苦さで飲み飽きない味わいを実現した。レモンは、酸味と苦みのバランスを見直して、レモン本来のおいしさがアップした。飲みごたえがありながら飲み飽きない味わいを実現している。

 パッケージのリニューアルでは、みずみずしい、果実そのままのおいしさを表現したデザインに、左上アイコンのコピーを「ぎゅっと、果汁とお酒だけ」に変更した。「香料‧酸味料‧糖類無添加」の特長と「ぎゅっと搾った果汁感」が直感的に伝わるようにした。加えてフレーバーごとの味覚コピーを追加し、より味わいをイメージしやすいようにブラッシュアップしている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月製造分から順次切り換え

キリン=https://www.kirin.co.jp/


ヘッドライン

HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース
HeadLineNews
【新着】今日のマイライフニュース

連載中コラム

健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!
マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー
健康管理!教えて!!
【連載】健康管理!教えて!!

マイライフストーリー ~新商品で日常を語る物語~
【連載】マイライフストーリー

カテゴリ