ウォッチニュース

[ドクター連載 第9回]若年層も油断できない「糖尿病網膜症」と進行性の「黄斑変性症」、いずれも早期発見がポイントに--眼疾患編(その2)

2012.11.27 05:47 更新

 

  食生活の欧米化や運動不足などの影響によって、近年、日本国内でも糖尿病の人口が急速に増加しています。厚生労働省の国民健康・栄養調査(2007年)に よると、日本の糖尿病人口は、糖尿病患者とその予備軍まで含めると2210万人に達しているそうです。つまり、成人人口の4分の1が糖尿病もしくは予備軍 ということになります。この糖尿病の3大合併症として挙げられるのが、「糖尿病腎症」、「糖尿病神経症」、そして「糖尿病網膜症」です。

  糖尿病網膜症は、中途失明原因の第2位であり、現在、年間約3000人が失明にまで至っています。前回説明した緑内障は、加齢によって発症リスクが高まる ものでしたが、糖尿病網膜症は、その名の通り糖尿病が原因疾患となるため、年齢を問わず糖尿病にかかった時点で発症リスクが高まります。最近では、糖尿病 の低年齢化が進んでおり、これにともない糖尿病網膜症も若年層での発病が懸念されています。

 やっかいなのは、よく見えている間に進行し、重症化するまでほとんど自覚症状がないことです。実際に、突然目が見えなくなって、病院で診察したと ころ、 実は重度の糖尿病で、そこで初めて糖尿病網膜症が重症化していたことがわかったケースも少なくありません。とくに、フリーアルバイターや主婦など、健康診 断をする機会がない方は、失明寸前になるまで糖尿病網膜症に気づかない恐れがあるので注意が必要です。

 糖尿病網膜症の病態は、(1) 単 純期、(2)前増殖期、(3)増殖期(硝子体出血)、(4)増殖期(網膜剥離)??の大きく4段階に分けられます。初期段階である単純期は、網膜に小さな 出血があり、硬性白斑(血管から漏れた血液成分)がみられる状態です。次に、前増殖期では、出血・硬性白斑に加え、軟性白斑が出現し、網膜の血の巡りが悪 くなります。そして、増殖期になると、血の巡りの悪くなった網膜から新生血管(異常血管)が出現します。新生血管はもろいので、大出血を起こすリスクが高 まります。また、硝子体出血を起こし、急激に視力が低下します。さらに、硝子体出血を繰り返すと、網膜上に増殖膜が出現します。この増殖膜が縮むと、網膜 が引っぱられて難治性の網膜剥離となり、失明の危機に直面することになります。

 糖尿病網膜症を早期発見するには、まず健康診断を定期 的 に受けて、自分が糖尿病であるかどうかを知ることが第一歩です。そして、糖尿病もしくは予備軍であると診断された場合は、必ず眼科検診を受けるようにしま しょう。糖尿病網膜症の検診では、網膜の断層撮影を行う「OCT(光干渉断層計)」や、点滴で造影剤を静脈内に入れて眼底を検査する「蛍光眼底造影検査」 が行われます。これらの検査を行うことで、糖尿病網膜症の進行状況をチェックすることができるので、最低でも年に1回は眼科検診を受けることをおすすめし ます。

 失明につながる3つめの眼疾患「黄斑変性症」は、網膜の中心部である黄斑が障害される病気です。黄斑組織の脈絡膜から新生血管 (異常血管)が生え、そこから漏れた血液成分によって黄斑が腫れることで、ものが見えにくくなります。初期症状としては、見たい場所がゆがんで見える(変 視症)ようになり、病気の進行とともに、ものがぼやけて見える(視力低下)、不鮮明に見える(コントラスト感度の低下)、暗く見える(中心暗点)といった 自覚症状が現れます。そして、放置していると失明へと至ります。

 緑内障と同様に、黄斑変性症も、加齢とともに発症リスクが高まりま す。 そのため、加齢が原因となるものを加齢黄斑変性と呼びます。さらに、加齢に加えて、喫煙も黄斑変性症の危険因子の一つとして挙げられます。また、黄斑変性 症は、30年前には国内にほとんど患者がいなかったことから、近年の食生活の変化も発症に関与しているのではないかと考えられています。

 黄斑変性症は、進行性の病気なので、他の2つの眼疾患に比べて自覚症状が出やすい一方で、進行が早いのが特徴です。ものが少しゆがんで見える、などわずかなゆがみを自覚したら、すぐに眼科を受診するようにしましょう。

  ここまでで、「緑内障」「糖尿病網膜症」「黄斑変性症」の3つの眼疾患が、失明に至る重大な病気であり、早期発見がいかに大切なのか、おわかりになったと 思います。そして、最近では、そのほとんどが早期治療を行うことで、失明を予防することができるようになりました。次回は、失明を防ぐために進化し続ける 眼疾患の治療法についてご紹介します。(医療法人偕行会 共立眼科クリニック 院長 長木康典)

医療法人偕行会グループ=http://www.kaikou.or.jp/
医療法人偕行会グループ facebookページ=https://www.facebook.com/kaikou


このページの先頭へ