運動・トレーニング

ゴールドウイン、「NEUTRALWORKS.」よりオリジナルマットレスやベッドリネンなどの寝具を発売

2022.09.07 17:38 更新

 ゴールドウインが展開する「NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)」は、オリジナルコレクション「SLEEP」カテゴリーから、睡眠時の快適さをサポートするオリジナルマットレス「ENNN/MATTRESS(エヌ/マットレス)」をはじめ、羽毛布団やカバー類などブランド初となる寝具を発表した。この発表にあたり、新製品の受注販売を8月31日からスタートする伊勢丹新宿店POP-UP SHOPを皮切りに、NEUTRALWORKS.各店舗で順次開始した。

 私たちは、1日24時間のうち、おおよそ1/4の時間を睡眠にあてている。睡眠とは生物が持っている生理現象のひとつ。記憶を定着させたり整理したり、あるいは肉体や脳、そしてココロの疲労回復のために重要とされている。人類に限らず多くの生物にとって必要不可欠な時間であり、カラダやココロにとっても十分な睡眠時間の確保はさることながら、「いかにして質の高い睡眠をとることができるかによって残りの3/4の時間の充実度が変わる」と今日までの多くの研究によって発表されている。現代のさまざまな生活環境の変化によって、室温、体調、あるいはココロの不安などによって本来私たちが取るべき睡眠が保たれないという悩みが増加している。

 NEUTRALWORKS.は、「ココロとカラダをニュートラルに整え、いつでも動き出せる“READY”な状態へとサポートする」というブランドコンセプトのもと、「ENNN/MATTRESS」による質の良い眠りを通して、人間が本来もっている力を発揮しやすい状態にさせたいという想いで、健康医学の分野で環境適応や睡眠について30年以上研究されてきた大阪公立大学名誉教授・医学博士 清水教永先生に協力してもらい、同社の創業の地、富山県小矢部市にある研究開発施設「GOLDWIN TECH LAB(ゴールドウイン テック・ラボ)」を中心に、ポケットコイルマットレスの専用工場と手を組んで数年にわたり開発を進め、ようやく製品化された。

 「ENNN/MATTRESS」は、こだわりの8層構造とコイルのダブルクッション構造とのこと。8層構造には、快適な温度に保つ「光電子」素材や、消臭や防虫効果などの清潔さを保つ素材、そしてムレを軽減抑制するための通気を確保する高密度ウレタンを採用している。マットレスの大部分を占めるコイルは、上段に柔らかさのある8巻コイル、下段に上段の柔らかさをしっかりと支える6巻コイルを使用した。包まれるような柔らかさを維持しつつ、一つひとつのコイルが体全体を支えることで、底つき感のない安心感ある寝心地をサポートする。デザインはミニマルに、劣化しにくいロングライフのコイルに加え、表地はリサイクルポリエステル「SEAQUAL」を使用することで、環境への負荷も軽減。眠ることでココロとカラダのバランスを整え、READYな状態へと導くマットレスとなっている。

 また、軽量さと「光電子」ダウンによるあたたかさを兼ね備えた羽毛布団や、消臭糸「マキシフレッシュ」を採用した機能性の高いベッドリネン、「光電子」と「マキシフレッシュ」を使用し、衣服内を心地よい温度へと調整するスリープウエアも順次発売する。

[小売価格]
ENNN/MATTRESS(エヌ/マットレス):22万円~29万7000円
KODENSHI/DOWN DUVET(コウデンシ/ダウン デュベ):6万500円~7万1500円
MXP/SMOOTH BOX SHEETS(エムエックスピー/スムース ボックスシーツ):2万6400円~3万3000円
MXP/SMOOTH DUVET COVER(エムエックスピー/スムース デュベカバー):3万3000円~3万7400円
(すべて税込)
[発売日]8月31日(水)

ゴールドウイン=https://www.goldwin.co.jp/


このページの先頭へ