運動・トレーニング

リーボック、ストリートブランド「BoTT」とのコラボコレクション「Reebok×BoTT Wave2」を発売

2022.09.12 17:16 更新

 アスレチックライフスタイルブランドのリーボックは、国内外のストリートシーンで話題を呼んでいるブランド「BoTT(ボット)」との初コラボレーションとして、フットウェアとアパレル、全17種類をラインアップしたコレクション「Reebok×BoTT(リーボック ボット)」を2部構成で発表した。今年8月に発売した第1弾に続き、第2弾「Reebok×BoTT Wave2(リーボック ボット ウェーブ 2)」を9月16日から順次発売する。

 グラフィックデザイナー、アーティスト、そしてクリエイターとして活躍するTEITOによって、2019年に立ち上げられた、東京を拠点とするストリートウェアブランド「BoTT」との初コラボレーションが実現した。ブランド名である「BoTT」は、“Birth Of The Teenager”を由来とし、若者世代独特のフレッシュなテンションを持ちながらも、肩の力が抜けたほどよいバランスで魅力的なアイテムを展開し人気を集めている。アイテムに施された、ポップでクラシックなブランドロゴをはじめ、エッジの効いたグラフィックも魅力となっている。アートやミュージックカルチャーに精通するデザイナーTEITO自身のライフスタイルが反映された、“現代”の風通しの良いストリートウェアレーベルは、東京をはじめ国内外のストリートシーンで注目を浴びている。

 今回のリーボックとのコレクションは、初めてのコラボレーションでありながら、8月に発売したWave1と今回発売するWave2合わせて、フットウェアとアパレル全17種類を贅沢にラインアップしている。

 今作は、リーボックの裏定番モデル「CLUB C(クラブシー)」に、人々に癒しを与える花をモチーフとしたデザインを施しているとのこと。「Wave2」のテーマでもある、“人々と自然との共存・共生”を表現したこのデザインは、コロナ禍によって在宅勤務が増え、プランティングがブームとなったことで人々が自然の大切さを再認識した社会背景からアイディアを得ている。鮮やかなカラーのキュートな刺繍と、「BoTT」のロゴを施したシューレースはオリジナル感を感じられるデザインに仕上げている。アッパーにはフルグレインレザーを使用し、ペーパーホワイトソールを採用している。

[小売価格]6990円~1万3200円(税込)
[発売日]9月16日(金)から順次

リーボックジャパン=https://reebok.jp/


このページの先頭へ