運動・トレーニング

プーマジャパン、伝説の"レッドファー"を復刻した「SLIPSTREAM LO BEAST MIJ」を発売

2022.07.13 12:11 更新

 プーマジャパンは、1987年に登場した「SLIPSTREAM(スリップストリーム)」の誕生35周年を記念し、伝説の“レッドファー”を使用したモデルを日本の匠の技が光る“MADE IN JAPAN”で復刻し、「SLIPSTREAM LO BEAST MIJ(スリップストリーム ロウ ビースト MIJ)」として7月16日から発売する。

 「SLIPSTREAM」は、1987年に「SKY LX(スカイ ラックス)」の後継モデルとして誕生したバスケットボールシューズとのこと。パフォーマンス、安定性、クッション性の高さから、コート上ではバスケットボールプレイヤーに愛用され、ストリートでもファッションスニーカーとして人気を博した。1988年にはライフスタイル仕様のモデルとしてレッドファーが特徴的なモデルが誕生した。レッドファーモデルは、2013年に25周年モデルとして初復刻されて以来二回目の復刻となる。

 今回の特別モデルを制作するにあたり、アッパーにはイタリアから取り寄せた希少価値の高いプレミアムなハラコ(毛付きレザー)を採用しているとのこと。周りのトリミング部分には日本最大の皮革産業地域である姫路の革職人の技術で生み出されたスムースレザーを使用し、あえてマットに仕上げることでレッドファーを引き立たせている。また、原皮一枚一枚の毛の流れに個体差があるファー素材は、熟練した裁断技術によって製品段階で毛の向きが均一になるように揃えられ、つり込み時には巻き込みがないようひとつひとつ丁寧に成型されている。

 バスケットボールシューズをベースに、日本製ならではのバランスにこだわり、着用時のスッキリとしたシルエットの美しさを重視している。インソールには、人間の足型のラウンドに合うカップインソールを採用し、足馴染み、フィット感も重視し、「PUMA MIJ コレクション」のこだわりを最大限余すことなく取り入れている。今作では2013年に発売された前作の復刻モデルとは異なり、アウトソール前後に配置された円形部分(ピボットゾーン)の色は赤単色で仕上げられており、サイドには「SLIPSTREAM」のロゴを採用し、誕生35周年を記念して蘇った限定モデルに仕上げている。

 「SLIPSTREAM LO BEAST MIJ」は、プーマストア 原宿キャットストリート、プーマストア大阪、プーマ公式オンラインストア、一部取扱い店舗で販売する。なお、プーマ製品の取扱い店舗については各取扱い店舗のウェブサイトで確認してほしいという。

[小売価格]3万5200円(税込)
[発売日]7月16日(土)

プーマ ジャパン=https://jp.puma.com/jp/ja/home


このページの先頭へ