運動・トレーニング

アシックスジャパン、「NULABEL CM1Y0K42」とコラボしたシューズとアパレルを発売

2022.07.13 17:02 更新

 アシックスジャパンは、スポーツスタイルカテゴリーで、東京を拠点とするブランド「NULABEL CM1Y0K42(ニューレーベルシーエム1ワイ0ケイ42)(以下、NULABEL)」とコラボレーションしたシューズとアパレルの第2弾となるコレクション計3品番を、7月16日からアシックス原宿フラッグシップ、アシックス大阪リンクス梅田、アシックスオンラインストア、セレクトショップなどで発売する。

 今回のコラボレーションは、ワークウエアの要素を取り入れたデザインが特徴とのこと。ミニマルかつモノトーンでまとめるなど「NULABEL」らしさを存分に引き出しながら、アシックススポーツスタイルがもつ機能美を融合させた。

 シューズは、コートタイプのライフスタイルシューズ「GEL-PTG VC(ゲルピーティージー ヴイシー)」をデザインベースに、パーツ数やステッチ数を減らすなど構造から再考し作製した。アッパー(甲被)は、スエードとレザーのコンビネーションで、ベロ部には立体的なメッシュを採用している。靴ひもの代わりにベルクロを採用することでワークウエアスタイルをイメージさせ、異素材・同系色のコントラストでまとめることで奥行きのあるデザインとしている。「NULABEL」のブランドカラーであるグレーをベースにした都会らしい仕上がりの「ガンメタル×ブラック」、奄美大島の車輪梅で染め上げた「NULABEL」21秋冬シーズンのキーカラーを参考にした「スパイスラテ×ドライドローズ」の2カラーを用意している。

 アパレルは、ワークジャケット風で、デザインとパターンをゼロから起こし、スポーツウエアで採用している生地を使用することで、適度なハリ感と動きやすさを追求している。また、生地の表面にははっ水加工を施し、胸ポケットはフラップ一体型の構造とするなど、機能性とミニマルデザインを両立させている。

 パンツは、「NULABEL」で多く採用しているトラウザーズをベースに、ジャケットと同じく生地表面にはっ水加工を施し、後ろポケットをフラップ一体型デザインとするなど、統一感のあるデザインとしている。

 「NULABEL」とのコラボレーションは、2020年10月発売のシューズとアパレルに続き今回が2回目となる。

 今後も、日本発祥のブランドとのコラボレーションを継続的に展開していく予定だという。

[小売価格]
シューズ:2万2000円
ジャケット:3万9600円
パンツ:3万800円
(すべて税込)
[発売日]7月16日(土)

アシックス=https://www.asics.com/jp/ja-jp/


このページの先頭へ