運動・トレーニング

スピングルカンパニー、「SPINGLE MOVE」ブランドデビュー20周年記念モデル第三弾のスニーカーを発売

2022.06.16 18:13 更新

 スピングルカンパニーは、デビューから20周年を迎えた「SPINGLE MOVE(スピングルムーヴ)」ブランドの記念モデルとして、コーポレートカラーであるオレンジとグリーンをアッパーとソールに大胆に組み合わせたスニーカー「SPM-1006」を6月15日から発売した。

 SPINGLE MOVE「SPM-1006」は、ブランドスタート当初から現在まで人気の高い「SPM-115」をコーポレートカラーでアレンジしているとのこと。オレンジとグリーンは、ブランド発祥の備後地方、瀬戸内で栽培されているみかんをイメージしている。

 「SPM-115」に採用されているヴィンテージ感溢れるクラッキング(ひび割れ加工)レザーを採用し、グリーンの下地にはオレンジ、オレンジの下地はグリーンにすることで、履き込む程に下地のカラーが露出し、グラデーションにエイジングしてくる。また、アッパーの革を切りっぱなしにすることで履き口から羽根にかけての革の断面がパイピングを施したかのような見た目に仕上がっている。

 ソールのゴムもコーポレートカラーを採用しているとのこと。親会社のニチマンが老舗のゴム加工メーカーだからこその微妙な色味の表現が可能となっている。

[小売価格]2万900円(税込)
[発売日]6月15日(水)

スピングルカンパニー=https://www.spingle.jp/


このページの先頭へ