運動・トレーニング

丸紅フットウェア、「メレル」から「ブラバーダ コード ラップ/バック ストラップ」を発売

2022.06.02 12:55 更新

 米国アウトドアブランドMERRELL(メレル、輸入総代理店:丸紅フットウェア)は、2020年にグローバルで発表以来、毎シーズン多様なデザインで人気を博す、女性のために作られたハイキングスニーカー「SN/KE(スナイク)」シリーズから、夏の足元を彩るサステナブルなサンダル「BRAVADA CORD WRAP(ブラバーダ コード ラップ)」と「BRAVADA BACK STRAP(ブラバーダ バック ストラップ)」を6月3日にMERRELL渋谷スクランブルスクエア店を含む全直営店、公式オンラインストア、その他一部のメレル取扱店で発売する。

 MERRELLは「HIKE IS THE NEW YOGA」という言葉と共にアウトドアフィットネスを提唱する中で、女性のためのシューズ構造とその快適性を追求し続けている。その一つとして誕生した「SNI/KE(スナイク)」は、SNEAKER(スニーカー)とHIKE(ハイキング)を掛け併せて作られたメレルの女性向けハイキングスニーカーシリーズの総称であり、その代表的なアイテムが「BRAVADA」となっている。

 同アイテムは、ソールユニットに最新のアウトドアテクノロジー「メレル マウンテングレード クァンタムグリップ」を搭載し、アウトドアシューズならではのパフォーマンス性と快適性を発揮する。また、ラグの深さも5mmになっており、様々な地形で発揮されるハイレベルなグリップ力が特徴とのこと。さらに、独自開発のメレルエアークッションと20%リサイクルEVAミッドソールが安定性とクッション性をもたらすことで、スニーカーライクな履き心地を実現し、長時間の歩行をサポートする。

 今季は「BRAVADA」シリーズから2つのサンダル「BRAVADA CORD WRAP」と「BRAVADA BACK STRAP」が新登場する。

 「BRAVADA CORD WRAP」は足の外側にアクセントとなるパラコードが設置されており、デザイン性豊かなトングxストラップ構造のサンダルとのこと。「BRAVADA BACK STRAP」は甲の部分から足首までをしっかりホールドし、歩行安定性に寄与するストラップ構造のサンダルとなっている。

 また、それぞれのサンダルは、足首を支えるウェビング部分に100%リサイクルポリエステルを採用し、ミッドソールにはリサイクルEVAを20%配合したことでサステナブルに進化を遂げた。全体構造に動物性由来の素材を使用しない、ビーガンフレンドリーな一足となっている。

 アウトドアレトロなパープルやモーブピンクなど、アウトドアからファッションシーンまで幅広くフィットするカラーパターンも見どころとのこと。

 「GO TAKE A SN/KE」をテーマに、スニーカーの履き心地とハイキングシューズならではの優れたアウトドアパフォーマンステクノロジーをかけ合わせたコンセプトが「SN/KE(スナイク)」とのこと。街でもフィールドで履きたくなるフェミニンな見た目はさることながら、スニーカーのようなフィット感と柔らかな履き心地を備えつつ、ハイキングシューズのように質の高い安定性、グリップ力を発揮するハイスペックなパフォーマンス性が特徴となっている。

[小売価格]
BRAVADA CORD WRAP(ブラバーダ コード ラップ):9350円
BRAVADA BACK STRAP(ブラバーダ バック ストラップ) :1万450円
(すべて税込)
[発売日]6月3日(金)

丸紅フットウェア=https://www.marubeni-footwear.com/


このページの先頭へ