運動・トレーニング

リーボック、アニメーション「LOONEY TUNES(ルーニー・テューンズ)」とのコラボコレクション第2弾を発売

2022.05.24 12:35 更新

 アスレチックライフスタイルブランドのリーボックは、トゥイーティーやバッグス・バニーなどでお馴染みのワーナー・ブラザースのアニメーション「LOONEY TUNES(ルーニー・テューンズ)」とのコラボレーション第2弾「Reebok×LOONEY TUNES(リーボック ルーニー・テューンズ)」を5月26日に発売する。

 同コレクションでは、リーボックを代表するモデルである、「Classic Leather(クラシックレザー)」、「Instapump Fury 95(インスタポンプ フューリー 95)」を始めとした全13種のフットウェアとバッグス・バニーのグラフィックを背面に施したジャケットを展開する。

 「Classic Leather Legacy AZ(クラシックレザー レガシー エーゼット)」の1980年代の懐かしさを感じさせる今作のデザインは、イタズラ好きで有名なうさぎのキャラクター、バッグス・バニーから着想を得ている。バッグス・バニーを連想させるグレーとピンクのカラーと、毛並みを表現した毛足の長いスエード素材のデザインが特徴となっている。

 ロード・ランナーの「Beep!Beep!」というクラクションのような音をモチーフにした「Instapump Fury 95」は、アッパーにロード・ランナーの鮮やかなブルーの羽根、ヒールにはシグネチャーの煙マークと「Beep!Beep!」音のイラストをあしらい、ロード・ランナーの世界観を表現している。

 「Instapump Fury Zone(インスタポンプ フューリー ゾーン)」は、作品内に登場する火星人、マービン・ザ・マーシャンの近未来的なレーザービームをイメージしたカラーを採用した。ソックライナーにはマービン・ザ・マーシャンとレーザーピストル、グリーン光線を描いている。

 ワイリー・コヨーテにインスパイアされた「Hurrikaze ll Low(ハリカゼ ツー ロウ)」は、履いた人がコート上で炸裂すること間違いなしだとか。この人気のバスケットボールシルエットのアクション満載バージョンは、いつもカリカリしたワイリー・コヨーテがロード・ランナーを追いかけるハチャ メチャぶりを連想させるデザインになっている。

 「Club C(クラブ シー)」は、ソックライナー上のグラフィック、ヒールやアッパーなど様々な箇所に、ルーニー・テューンズのドタバタな日常を表現したデザインを施している。

 リーボックの最も愛されるトレーニングシューズが、イタズラ好きなシルベスターの手によって変身した。「Nano X1(ナノ エックスワン)」は、シルベスターのライバルであるトゥイーティーとの目の離せないアクション満載の追跡劇を表現したデザインに仕上げている。

[小売価格]
Classic Leather Legacy AZ(クラシックレザー レガシー エーゼット):1万2000円(税込)
Instapump Fury 95(インスタポンプ フューリー 95):2万2000円
Instapump Fury Zone(インスタポンプ フューリー ゾーン):2万円
Hurrikaze ll Low(ハリカゼ ツー ロウ) :1万4500円
Club C(クラブ シー):7990円~1万3500円
Nano X1(ナノ エックスワン):1万7000円
Hurrikaze ll Mid(ハリカゼ ツー ミッド):1万6500円
Looney Tunes Jacket(ルーニー・テューンズ ジャケット):1万2500円
(すべて税込)
[発売日]5月26日(木)

リーボックジャパン=https://reebok.jp/


このページの先頭へ