運動・トレーニング

デサントジャパン、「le coq sportif」からプレミアムシューズコレクション「CRETE(クレテ)」を発売

2022.04.18 16:42 更新

 デサントジャパンは、同社が展開する「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」から、シューズカテゴリーを象徴するプレミアムコレクション「CRETE(クレテ)」を4月22日に発売する。「CRETE」はフランス語で「鶏冠(トサカ)」を意味する言葉で、ファッションとスポーツを融合した製品を創り続けている「le coq sportif」がさらに進化を遂げるための新しいフラッグシップコレクションとなっている。フランス生まれの「le coq sportif」のオリジンを継承しながら、スポーツで培った要素を、多様化するデイリーライフの様々なシーンで役立つ実用性へと進化させるコレクションとして展開する。また、ローンチを記念し、ポップアップストアをオープンする。

 「CRETE」のデビューとなる今年春夏シーズンのテーマは、「オリジンの進化」「実用性」「サステナビリティ」とのこと。「le coq sportif」が展開するシューズのアイコンモデルである、1970年代のトレーニングシューズからインスパイアされた「MONTPELLIER(モンペリエ)」をベースに木型を改良した。様々なシーンで着用しやすい、トレンドに左右されない独特なデザインとカラーリングを、環境に配慮した素材を用いて表現した「CRETE MO ECCO(クレテ エムオー エコー)」を全4色で4月22日から展開する。

 アッパーの素材には、製造の工程で必要とされる大量の水の消費を抑え、排出される汚水と化学薬品の使用を最小限にすることを可能としたECCO社の「DriTan(ドライタン)」テクノロジーによって生み出された天然皮革を使用した。革の鞣し過程において使用される化学薬品の代わりに、環境と人に優しい植物タンニンを用いて鞣した「ベジタブルタンニングレザー」をメイン素材として採用している。「ベジタブルタンニングレザー」は、環境に優しいだけではなく、丁寧に使い込むことで、そのエイジング(表面の経年変化)が楽しめる素材となっている。

 また、ソールにはリサイクル素材を混合したラバーとEVAを採用している。加えて、シューレースにはリサイクル材混紡ポリエステル、シューズボックスや下げ札にはリサイクルペーパー、シューズバッグにはオーガニックコットンを採用するなど、付属品の素材まで、「le coq sportif」が展開するスニーカーの中で最も環境に配慮したプロダクトとなっている。

[小売価格]2万6400円(税込)
[発売日]4月22日(金)

デサント=https://www.descente.co.jp/jp/


このページの先頭へ