運動・トレーニング

リーボック、インスタポンプフューリーシリーズの「INSTAPUMP FURY 95」の完全復刻モデルなど発売

2022.04.28 19:10 更新

 アスレチックライフスタイルブランドのリーボックは、1990年代に一世を風靡した「INSTAPUMP FURY(インスタポンプ フューリー)」シリーズの“幻のモデル”ともいわれている、パープルカラーが印象的な「INSTAPUMP FURY 95(インスタポンプ フューリー 95)」の初の完全復刻モデル、および、同一のパープルカラーを採用した「FURYLITE 95(フューリーライト 95)」を4月28日に発売する。

 「INSTAPUMP FURY」は、“The Pump Technology(ザ・ポンプテクノロジー)”をアッパー部分に採用し、1994年にランニングシューズとして登場した、リーボックを代表するモデルとのこと。“ザ・ポンプテクノロジー”によって、空気注入可能なチェンバー(空気室)から空気を入れ込むことで、シューズのフィット感を調整することができる。シリーズの中でも、94年モデル(前期型)と95年モデル(後期型)に分けられ、オリジナルカラーである初代“シトロンイエロー”や2代目“サックスブルー”、3代目“トリコロール”は、94年モデル(前期型)に属する。4代目の通称“パープル”と呼ばれる「INSTAPUMP FURY 95」は、当時、ランニングスタイルスニーカーブームの火付け役ともいえるシューズで、業界に革新をもたらした。リーボックのダイナミックなデザインや革新的なテクノロジーである“ヘキサライト”を象徴し、リーボックを業界の先駆者に押し上げ、ランニングパフォーマンスとファッションスタイルを繋ぐきっかけとなった、まさに代表的なカラーモデルとなっている。

 1995年は、リーボックにとって「インスタポンプ フューリー」がリーボックを代表するハイテクシューズとして認知されるようになり、ファッション業界のスニーカーブームを加速させた年ともいえる。特に、日本をはじめとしたアジア諸国では人気が爆発し、1990年代後半にはプレミア価格で取引されるほど、圧倒的な人気を誇った。当時スポーツブランドが、ファッションや音楽など異業界にも大きな影響を与えており、その中心には常にリーボックがいた。リーボックは、今年ブランドのメッセージを一新し、最初に発売する「インスタポンプ フューリー」がこの「INSTAPUMP FURY 95」とのこと。ブランドとしても新たに生まれ変わった今年、まさに“原点回帰”ともいえるこのモデルを発売する。

 1995年当時、カラーバリエーションは“シトロンイエロー”に加え、“サックスブルー”、“トリコロール”、“パープル”が発売されていたが、今年は今季ファッションにおいてのトレンドカラーともなる“パープル”を復刻させることにした。95年モデル(後期型)のパープルのカラーリングは94年モデル(前期型)をベースとして2012年に発売されているが、今回復刻するモデルは、“後期型”と呼ばれる、初期モデルをアップグレードした95年モデル4代目“パープル”を初めて完全復刻したものとなる。

 95年モデル(後期型)にも実は2種類のモデルが存在しており、世の中で認知されている95年モデル(後期型)は、96年以降に発売されたものであり、シュータンのプルタブがレザーパッチ構造になっているという違いがある。今回の復刻モデルは、95年モデル(後期型)のプロトタイプのデザインを踏襲している。

 この95年復刻モデルは、96年以降のモデルと違う点として、95年リリースモデルの特徴であるダイヤモンド型シュータンプルタブを再現した。ラバー素材にすることで指への負担をかけない仕様となっている点が挙げられる。また、94年モデル(前期型)と比較して、外側のスタイリングをマイナーチェンジし、特徴あるグラフィックの装飾が加わっているのが特徴とのこと。アウトソールとヒールクリップもアップデートされ、つま先には三角形の3M反射パネルを搭載した。ミッドソールの角張ったスタイリングは、より機能的で柔らかなラインを描き、中央のスプリットソールの割れ目部分の幅も、若干短くアップデートしている。

 95年モデルの完全復刻を記念し、「INSTAPUMP FURY」の後継モデル「FURYLITE(フューリーライト)」シリーズから、「INSTAPUMP FURY 95」のデザインをベースにモダナイズしたルックに仕上げた「FURYLITE 95」が登場する。アッパーは、「INSTAPUMP FURY」からインスパイアされたデザインを採用した。“ザ・ポンプテクノロジー”は搭載していないものの、ブラッダー(空気室)をモチーフにしたアッパーデザインは、オリジナルモデルを連想させます。ブラッダーデザイン部分にはシンセティックレザーが使われていることでリフレクション機能を持ち、アッパー全体には通気性の高いストレッチメッシュを採用している。また、シューレース部分は、バンジーレーシングとなっており、セミスリッポンのこの構造は、「INSTAPUMP FURY」と同様のイージーな着脱を実現させる。ミッドソールとアウトソールを一体成型し、軽量性、クッション性、反発性を兼ね備えた“FLOAT FUELフォーム”を採用した。また、ヒール部分が上に反ったデザインに仕上げており、今のトレンドにマッチした仕上がりにしている。

[小売価格]
INSTAPUMP FURY 95(インスタポンプ フューリー 95):1万9800円
FURYLITE 95(フューリーライト 95):8800円
(すべて税込)
[発売日]4月28日(木)

リーボックジャパン=https://reebok.jp/


このページの先頭へ