運動・トレーニング

ポラール、ランニングGPSウォッチ「Polar Pacer」シリーズを発表

2022.04.15 18:43 更新

 スポーツ用ウェアラブルデバイスのパイオニアであるポラール・エレクトロ・ジャパンは、高機能かつ軽量・薄型構造化を実現した新ランニングウォッチ「Polar Pacer Pro」(ポラール ぺーサー プロ)を発表した。ランニングのパフォーマンス向上を目指すランナーに向けて41gという軽量と35時間の長時間バッテリーを両立しつつ、上位機種に搭載しているランニングパワー計測やランニングパフォーマンステストといった走力向上につながる機能を利用できる。

 同時に、軽量と長時間バッテリーはそのままに、幅広いランナー層をターゲットにした「Polar Pacer」(ポラール ぺーサー)も発表した。ランニングに必要な基本機能を搭載し、使いやすさを追求した求めやすい価格となっている。

 Pacer Proには、ランニングで利用できる様々な機能を搭載している。基本となる心拍計測、GPS、距離、スピード、ケイデンス、ラップ、消費カロリー計測などをカバーし、上位機種に搭載している手首での「ランニングパワー」の計測、自分の走力を計測できる「ランニングパフォーマンステスト」、アップダウンを自動計測する「Hill Splitter」、水分・エネルギーの補給タイミングをアラートする「FuelWise」、「三大栄養素別消費エネルギー」、ルートナビをしてくれる「ルートガイダンス機能」なども搭載している。

 また、睡眠中の自律神経の計測機能や、直近のトレーニング量と1ヵ月のトレーニング量を比較してオーバートレーニングを防止する機能なども搭載。より良いコンディションでトレーニングができるように導く機能も搭載している。

 さらに、新機能として、ウォーキングテストを搭載した。日々のウォーキング中に手軽に実施できるテストで、有酸素能力を測るフィットネスレベル、心拍機能、最大酸素摂取量の推移を確認できる。体に良いとされるウォーキングだが、ランニングや他のスポーツと比べて運動量が少なく、効果を実感しにくい面がある。このウォーキングテストを実施することで、ユーザは数値でウォーキングによる自身のフィットネスレベルを把握でき、身体へのフィットネス効果を実感することができる。

 Pacerは、ウォッチの購入で悩まれる幅広いランナー向けに、使いやすさと機能の分かりやすさを重視したランニングウォッチとのこと。Pacer Proと基本機能は同じく、自分の走力を計測できる「ランニングパフォーマンステスト」、水分・エネルギーの補給タイミングをアラートする「FuelWise」、「三大栄養素別消費エネルギー」などの機能を利用できる。新機能のウォーキングテストのほか、睡眠中の自律神経の計測や、オーバートレーニングを防止する機能なども搭載している。

 Pacer ProおよびPacerのバッテリーはGPS+心拍計測で連続35時間使用可能とのこと。ディスプレイを改良し、レンズにGorilla Glass 3を使用し、強度を保ちつつ明るく見やすい画面になっている。

 Pacer Proのカラーは、カーボンブラック、ホワイトレッド、ワインレッド、ミッドナイトブルー、オーロラグリーンの5色で、2サイズ(SとM/L)のリストバンドが同梱されている。さらに、標準的な20mm幅リストバンドを使用できる交換アダプターが同梱しており、シチュエーションに合わせてPolarの20mm幅リストバンドや一般的なリストバンドへも交換して使用できる。重さは41g(リストバンド込み)で、4月14日からオンラインストアで予約受付を開始した(一部予約対象外機種あり)。発売日は4月27日で、オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店で販売を開始する(オーロラグリーンのみ5月下旬発売予定)。

 併せて、Pacerも発売する。カラーは、ナイトブラック、ディープグリーン、ライラックパープル、ミルキーホワイトの4色で、同じく2サイズ(SとM/L)のリストバンドが同梱されている。重さは40g(リストバンド込み)で、4月14日からオンラインストアで予約受付を開始したが、発売日は5月下旬を予定している。

[小売価格]は
Pacer Pro:4万3780円
Pacer:2万9700円
(すべて税込)
[発売日]
Pacer Pro:4月27日(水)
Pacer:5月下旬

ポラール・エレクトロ・ジャパン=https://www.polar.com/ja


このページの先頭へ