運動・トレーニング

三陽商会、「EPOCA UOMO」がスニーカーのカスタマイズオーダーを期間限定で開催

2022.04.26 19:16 更新

 三陽商会が展開するオリジナルブランド「EPOCA UOMO(エポカ ウォモ)」は、ブランド初となるスニーカーのカスタマイズオーダー“SNEAKERS CUSTOMISE SERVICE(スニーカー カスタマイズ サービス)”を、4月22日~5月15日の期間、公式オンラインストアおよびブランドの旗艦店である「EPOCA UOMO PRIMA 表参道ヒルズ店」で開催する。イタリア発のメーカーで、登山靴などにも採用されている“Vibram(ビブラム)”のソールがホワイト・ブラックの2色から選べるほか、トップレザーやヒール部分など計8ヵ所のカスタマイズが可能とのこと。Webで注文し、代引きでの受け取りが可能なため自宅でゆっくりカスタマイズを楽しむことができる。「EPOCA UOMO PRIMA 表参道ヒルズ店」では同期間、カスタマイズスニーカーのサンプルを展示し、試着しながらその場でオーダーすることができる。

 コロナ禍における生活環境の変化によってオンとオフの服装を切り替える機会が少なくなったことや、アウトドア需要の高まりといった理由から、ファッションのカジュアル化が浸透しつつある。「EPOCA UOMO(エポカ ウォモ)」においてもオリジナルスニーカーを取り扱っており、「EPOCA UOMO」の上質かつデザイン性の高い服にマッチするスニーカーを探す消費者が買い求めになることが多く見受けられるようになった。また、2月11日~3月27日に開催したジーンズのカスタマイズオーダー会が喜ばれたことから、顧客の満足度をより高めることを目的にスニーカーのカスタイマイズオーダー企画を開始することにしたという。

 「SNEAKERS CUSTOMISE SERVICE(スニーカー カスタマイズ サービス)」 は、のトップレザー部分を計7パターン、トゥ、タン、ヒール、サイド、ロゴシール部分を計4色、アウトソールを計2色、ストリングカラー(靴紐)を計4色からカスタマイズできる、ブランド初となるスニーカーのカスタマイズオーダーイベントとのこと。公式オンラインストアの専用ページからオーダーできるため、来店が難しい人も自宅でゆっくりカスタマイズを楽しむことができる。

 ベースは履き心地を追求した機能性スニーカーだとか。流れるようなフォルムが特徴のアウトソールは厚手にすることでクッション性を高め、軽量で屈曲性のあるカルフォルニア式製法で仕上げることで快適な履き心地を実現した。カジュアルさの中にも「EPOCA UOMO」らしい上質なデザインに仕上げている。

 トップレザー部分はカモフラージュ柄1色、クロコダイル柄3色、リザード柄3色の計7パターンから選べるとのこと。いずれも牛革を使用し、クロコダイル柄とリザード柄は型押しで柄を表現することで「EPOCA UOMO」らしい高級感を演出した。

[小売価格]4万2900円(税込)
[発売日]4月22日(金)

三陽商会=https://www.sanyo-shokai.co.jp/


このページの先頭へ