運動・トレーニング

モルテン、Wリーグと女性のバスケットボール参加を応援するコンセプトボール「マグネティックボール」を発売

2022.03.04 18:28 更新

 競技用ボールとスポーツエキップメントメーカーのモルテンは、女性のバスケットボール参加を応援するコンセプトボール「マグネティックボール」を、バスケットボール女子日本リーグ(以下、Wリーグ)と共同開発し、3月5日から発売する。

 3月5日・6日に国立代々木競技場 第二体育館で開催されるWリーグの試合会場で販売するほか、モルテン公式オンラインショップでも販売する。

 日本における女性のバスケットボール競技登録者数は高校を卒業後、大きく減少してしまう。Wリーグとモルテンは、どんな競技レベルやライフステージでも、バスケットボールというスポーツの持つ魅力に惹きつけられ、仲間と出会い、プレイを楽しみ、続けて欲しいと考えている。女性が「好きなことを続ける=Keep Playing」というメッセージを共同で発信することによって、今バスケをがんばっている女性プレイヤーや、Wリーグをはじめとするバスケットボールを観て、これから始めたいと思っているすべてのプレイヤーを力づけ、応援していく考え。

 バスケットボールの楽しさは、さまざまなライフステージやバックグラウンドに関係なく、まるで磁石のように多くの人々を惹きつけるところにある。Keep Playingプロジェクトでは、今回のメッセージを込めたボールを限定数生産。このボールを通じてシュートを打つシーンが日本中に広がっていく、という願いをこめている。国際女性デーを象徴する花「ミモザ」のカラーリングを取り入れ、友情と共感の広がりを磁石がつくる磁場によって表現している。

 ボールのデザインは、Wリーグのデンソーアイリスに所属し、バスケットボール女子日本代表キャプテンでもある髙田真希選手、そして世界中で活躍するDJであり、Wリーグの音楽プロデュースを手がけるLicaxxxさんによる監修を受け、新時代のアーティストCOIN PARKING DELIVERYさんが担当した。

[小売価格]5500円(税込)
[発売日]3月5日(土)

モルテン=https://www.molten.co.jp/


このページの先頭へ