運動・トレーニング

アシックス、都市型低酸素環境下トレーニング施設「アシックス スポーツコンプレックス 大阪吹田」をオープン

2022.03.29 18:12 更新

 アシックスは、大阪府吹田市に関西初出店となる都市型低酸素環境下トレーニング施設「ASICS SportsComplexOSAKA SUITA(アシックススポーツコンプレックス大阪吹田、運営会社:アシックス・スポーツコンプレックス株式会社)をオープンする。総面積は約450平方メートルで、地上4階建ての商業施設「オアシスタウン吹田SST(サスティナブル・スマートタウン)」の2階に入居する。4月27日から内覧・体験会を実施し、5月2日にグランドオープンする。

 「ASICS SportsComplex」は、2019年11月に世界最大級(都市型低酸素環境下トレーニング施設として2021年8月時点、アシックス調べ)の都市型低酸素環境下トレーニング施設「ASICS SportsComplexTOKYO BAY」を東京・豊洲に開業し、健康意識の高い一般の人をはじめ、日本を代表する多くのトップアスリートなどにも利用されている。また、アシックススポーツ工学研究所を中心に、提携大学や各研究機関と低酸素トレーニングに関する数多くの研究を行ってきた。その中で、以前はトップアスリートやランナーのためのものというイメージが強かった低酸素トレーニングが、生活習慣病の改善や体脂肪量の減少、さらに血流が増え、肌印象がよくなる効果が見込まれることがわかってきたという。

 低酸素トレーニングによって、血糖調節の改善に関する有益な効果が研究機関から示され、睡眠の質向上効果、ファストウォーキング(速歩)での高い脂肪燃料効果確認できるなど、医療や健康の分野での低酸素トレーニングに対する期待が高まってきている。

 「ASICS Sports Complex OSAKA SUITA」は、通常酸素濃度と低酸素環境に設定できる2つのトレーニングルームがあるという。通常酸素濃度のトレーニングルームは、主に筋力トレーニングに対応できる各種マシンを設置している。低酸素環境に設定可能なトレーニングルームは、曜日や時間によって標高2000メートルから3000メートル相当の酸素濃度に設定する予定で、カーディオトレーニングに対応できる各種マシンや、ストレッチやトレーニング(サーキット、アジリティ、ファンクショナルトレーニングなど)が行える人工芝エリアを設置している。

 低酸素トレーニングに関して得たこれまでの知見をもとに、生活者の低酸素環境下における身体の反応などを測定し、独自の低酸素適性チェックに従ったトレーニングメニューを提供することで、適切かつ効果的な低酸素トレーニングをサポートする。また、ファストウォーキングや眠りのためのエクササイズ「B!sleep(ビースリープ)」の提供など、生活者のニーズにあわせ、酸素濃度を調整したイベントやプログラムなども展開していくという。

 同社は、「健全な身体に健全な精神があれかし」を創業哲学に掲げ、世界中のすべての人々の心身の健康向上に寄与するプロダクト、サービス、環境の提供を目指している。より多くの人々の健康を実現するために、あらゆる角度から生活者一人ひとりに最適な価値を提供することで、健康的で豊かなライフスタイルの実現に貢献していく考え。

[ASICS Sports Complex OSAKA SUITAの概要]
施設名:ASICS Sports Complex OSAKA SUITA(アシックス スポーツコンプレックス 大阪 吹田)
所在地:大阪府吹田市岸部中5丁目1番1号 オアシスタウン吹田SST2階
電話番号:03-5547-4558
※当面の間、問い合わせはASICS Sports Complex TOKYO BAYで受付
営業時間:
 平日:7:00~21:30(最終入館 20:00)
 土日祝:7:00~18:00(最終入館 16:00)
利用料金
 月会費:フルタイム 1万9800円ほか
 体験料:3300円
※別途、入会金2万2000円(税込)が必要
※利用は2時間制/1回(予約制)となる
(すべて税込)
施設面積:約450平方メートル(約135坪)
定休日:月曜日・年末年始
営業開始日:5月2日(月)
※体験・内覧会は4月27日から開始

アシックス=https://www.asics.com/jp/ja-jp/


このページの先頭へ