運動・トレーニング

リーボック、トレーニングシューズ「Nano X2 Orange Heat」を日本限定70足で発売

2022.03.24 16:10 更新

 アスレチックライフスタイルブランドのリーボックは、トレーニングシーンに特化した人気シリーズ「Nano(ナノ)」から、より快適な履き心地を実現した最新モデル「Nano X2(ナノ エックスツー)」を発表した。第1弾では、華やかなオレンジカラーをまとった「Nano X2 Orange Heat(ナノ エックスツー オレンジ ヒート)」を日本限定70足で、3月18日に発売した。

 「Nano」シリーズは、軽量素材が人気のトレーニングシューズとのこと。最大の特徴は、8種類の特殊素材を8の字に織り込んだ“FLEXWEAVE(フレックスウィーブ)”を採用していることが挙げられる。これによって、“シームレスなアッパー”を実現した。“クッション性に優れたEVAミッドソール”や、“耐久性に優れたラバーアウトソール”も兼ね備えている。欧米諸国のセレブリティやアスリートの間でも人気の高性能シリーズで、これまでに10世代のモデルを発売している。また、リミテッドモデルの今作に続き、第2弾も後日発表予定となっている。

 今作は、ワークアウトを盛り上げてくれる華やかさが魅力的なオレンジカラーを採用している。平凡な日常から1歩踏み出して、普段のトレーニングとは一味違う気分を味わいたい人におすすめのシューズとなっている。こだわりのカラーリングによる高いデザイン性だけではなく、機能面においても、シリーズの特徴でもある、足に負担をかけないクッション性や耐久性でしっかりとワークアウトをサポートする。ワークアウトシーンはもちろん、快適な履き心地によって日常利用もしやすく、ワンマイルの外出時などでも鮮やかに足元を彩る。日本はリーボックオンラインショップで70足限定販売となる。

 「Nano X2」の主な特徴は、アッパー部分の“FLEXWEAVE”の設計の見直しを行った。これによって、保護性、通気性が更に改善され、よりスタイルアップした。アップデートしたヒールでは、形状をよりスリムにし、際立たせることで安定感を向上した。リーボック独自の軽量クッショニング素材“フロートライド フォーム”を改良し、フォアフットの反発性を高めることで快適性とサポート性を向上した。

[小売価格]1万5000円(税込)
[発売日]3月18日(金)

リーボックジャパン=https://reebok.jp/


このページの先頭へ