運動・トレーニング

アルペン、会員制のオンラインフィットネス「Alpen BEYOND PROGRAM」を開始

2022.03.23 19:34 更新

 スポーツ用品販売のアルペンは、会員制のオンラインフィットネス「Alpen BEYOND PROGRAM(アルペンビヨンドプログラム)」を、3月17日からスタートした。

 入会金、年契約による拘束、退会違約金、場所の制約、時間の制約、すべて不要なシンプルな仕組みで月会費が500円(税込)だから気軽に始められる。また、自然に引き込まれる超一流インストラクターが本気で考えた「視聴者の目的やレベルに合わせて設計した、オリジナル動画」だから続けられる、続けられるから「なりたい自分になる」を追求できる、本格オンラインフィットネスとなっている。3月17日に視聴できる動画は400本以上あり、新作動画を毎週公開、1年かけて動画1000本以上が見放題のサービスとする予定だという。

 アルペングループは、7月8日に創業50年を迎えるにあたって、改めて会社のパーパス(存在意義)を「スポーツをもっと身近に」に設定した。スポーツには、身体を動かす楽しさや爽快感、仲間との交流による充足感など、人生を豊かにする要素が詰まっている。しかしながら、自粛による生活の変化、家事や育児など様々な理由で、十分に運動をする機会が無い人も一定数存在しており、スポーツ庁が昨年2月に発表した令和2年度「スポーツの実施状況等に関する世論調査」によると、「運動不足を感じると回答した割合は79.6%」という結果が出ている。特に、40~50代はスポーツ実施率が低く、運動不足と感じる割合が他の年代に比べて高いことが分かっている。同社が運営するリアル施設(アルペンフィットネスクラブ、アルペンクイックフィットネス)においても、40代から急激に入会者が増えるものの、実際に定着するのは時間的に余裕のある60代であり、40~50代にとっては場所の制約・時間の制約・お金の制約のあるリアル施設に通うことに困難を感じる人が多いと感じていた。

 そこで、同社はこのような運動したくても出来ないという社会問題を、オンラインフィットネスという切り口で解決する。特に、多様なライフスタイルに対応するため、フィットネスクラブのプログラムを単純にオンライン化するのではなく、視聴者のトレーニングを行う目的や体力レベルに応じてプログラムを選択でき、なおかつ5~20分という短時間でトレーニングできることを徹底的に拘ったサイト構造になっている。

 同サービスには、フィットネスクラブのインストラクターを養成・指導する立場の「マスタートレーナー」や、エアロビックのチャンピオン、次世代を牽引するフィットネスインストラクターを選ぶコンテストのアジア大会優勝者、有名アーティストのミュージックビデオやプロモーションビデオなどを総合演出する振付師、プロのダンサーなど、確かな実力をもったインストラクター28名が出演している。

 8つの目的(やせる/引き締める/運動不足解消/筋力トレーニング/ヨガ/スタジオプログラム(ダンス、カルチャーなど)/肩こり等の不調対策/ゴルファー向けトレーニング)と、初級~上級まで10段階のレベルを用意しており、自身のニーズや体力にあったプログラムを探せるよう工夫している。

 月額料金の通常価格を1000円前後から数千円に設定しているオンラインフィットネスサービスが多いなか(3月8日時点、同社調べ)、同サービスは月額500円(税込)としている。こちらは、フィットネスを気軽に始めてほしいという同社の願いだけでなく、780万人以上となっている自社会員(アルペングループメンバーズ)、全国に展開する400店近いグループ店舗などをマーケティングに活用することで、実現した価格となっている。

 消費者の多様なニーズに対応し、同サービスを楽しみ続けてもらうため、毎週、新作動画を公開する予定とのこと。新作動画の情報は、Twitter、Facebook、Instagramに新規開設するAlpen BEYOND PROGRAM公式アカウントで、発信していく。撮影の裏側(オフショット)も随時公開する予定となっている。

 サイトオープンを記念して、「3月・4月実質無料キャンペーン」を行うとのこと。キャンペーンの詳しい情報や登録方法は公式サイトを確認してほしいという。

[月額料金]500円(税込)
[開始日]3月17日(木)

アルペン=https://store.alpen-group.jp/


このページの先頭へ