運動・トレーニング

ティップネス、ヤマダHDと共同開発のEMS機能つき1分間トレーニングボード「イチトレ」を発売

2021.11.28 11:35 更新

 関東・関西・東海地区に総合フィットネスクラブおよび24時間トレーニングジムを展開するティップネスは、ヤマダホールディングスと共同で、EMS機能つき1分間トレーニングボード「イチトレ」を開発した。11月27日からテレビショッピングで先行販売し、12月から順次全国のヤマダデンキ(一部店舗を除く)およびWEB(ヤマダウェブコム)で販売を開始する。

 「イチトレ」は、多くの方がステイホームによる運動不足を実感している昨今、自宅でトレーニングをするもなかなか続かない、自宅で行うものは今ひとつ使い方がわからない、といった声をもとに開発された、EMS搭載のバランスボード。運動不足解消や身体の柔軟性を高めるメニューなど、高齢者をはじめ運動初心者から中上級者まで、ティップネスが監修した数十種の効果的な部位別トレーニングを自宅で簡単に行うことができるという。時計を見なくても1分間を音と光で知らせる「お知らせ機能」付き、さらに乾電池式なので持ち運びも操作も簡単で、誰でもストレスなく手軽にトレーニングを続けることができる。

[小売価格]1万9800円(税込)

[発売日]
テレビショッピング:11月27日(土)
ヤマダデンキおよびヤマダウェブコム:12月から順次

ティップネス=http://www.tipness.co.jp/
ヤマダデンキ=https://www.yamada-denki.jp/


このページの先頭へ