運動・トレーニング

プロギア、「egg(エッグ)」シリーズから「egg 44 ドライバー」を発売

2021.10.12 16:54 更新

 プロギアは、「年齢」「性別」「既成概念」にとらわれない、飛び、やさしさを求めるゴルファー向けの「egg(エッグ)」シリーズから「egg 44 ドライバー(エッグ・ヨンヨン・ドライバー)」を11月12日から発売する。やや短めのクラブ長さで振りやすさを重視しながら、飛距離アップを追求したフェース設計と低・深重心のヘッド設計からなる“44 専用設計”を採用し“ミート率で飛ばす”という新しい飛びの提案を行っていく。

 「egg 44 ドライバー」は一般的なクラブ長さ(45.5インチ)では振り切れない、飛距離をロスしていると感じるゴルファーのポテンシャルを最大限発揮できるように開発したドライバー。クラブ長さを44.5インチにする事でミート率アップを図ったほか、ヘッド重量をプロギア史上最重量の208グラムで設計することでインパクト効率を高めた。さらにフェースセンターのたわみ量を最大化するプロギア独自の「nabla neo FACE 設計」と肉厚のばらつきを極限まで抑えた「高精度 CNC ミルドフェース」を採用することで最大飛距離を追求。また、低・深重心設計により低スピンの力強い弾道を実現した。このほかヘッドは安心感のあるシャロー形状とし9.5°は強く叩ける、10.5°は球のつかまりをイメージできる形状でロフト別に最適な構えやすさを追求した設計となっている。

[小売価格]8万8000円(税込)

[発売日]11月12日(金)

プロギア=https://www.prgr-golf.com/


このページの先頭へ