運動・トレーニング

デサントジャパン、ウィンターブーツ「ACTIVE WINTER BOOTS +」を発売

2021.10.22 13:39 更新

 デサントジャパンが展開する「デサント」ブランドは、アウトソールメーカー「Vibram」(ヴィブラム)の滑りにくいアウトソールである「MEGAGRIP」(メガグリップ)と、保温性や防水性などの機能、街でも履けるスタイリッシュなデザイン性を兼ね備えたウィンターブーツ「ACTIVE WINTER BOOTS +」(アクティブウィンターブーツプラス)を、デサント公式通販「DESCENTE STORE オンライン」とブランド直営店、全国のセレクトショップやシューズ専門店、「スーパースポーツ ゼビオ」をはじめとするスポーツ用品店にて10月30日から順次発売する。

 ウィンターブーツにおいて、保温性や防水性もさることながら、雪の上や濡れた路面を歩く際の“防滑性”も重要とのこと。今回発売するウィンターブーツは、「デサント」らしいスタイリッシュなデザインや同社独自の機能性等と、「ヴィブラム」のテクノロジーを掛け合わせたハイスペックな商品となっている。

 「ヴィブラム」とは、高性能ソールの製造と販売を行うイタリアの世界的アウトソールメーカーで、アウトドアからファッション、オーソペディック(義足)など幅広い市場で機能性の高いソールを展開している。今回のウィンターブーツに採用しているアウトソールのラグ(靴底の凹凸部分)は、「ヴィブラム」のテクノロジーを採用している。

 乾いた路面、濡れた路面を問わずにグリップ力を発揮し、耐久性も高いことから幅広いアウトドアアクティビティに適応する配合である「ヴィブラム メガグリップ」を採用している。また、靴底の凹凸部分であるラグには、まだ日本での展開は珍しい「ヴィブラム トラクションラグ」を採用している。ラグの側面に突起があることによって一般的なラグに比べて表面積が最大50%増え、地面を牽引する(=トラクション)、しっかり踏みしめる力が生み出されるため、トラクションが高まる。

 アッパー生地に採用している「CORDURA」(コーデュラ)にはっ水加工を施し、アッパー裏には防水フィルムを貼り付けた高防水設計となっていることで、防水性を高めているとのこと。

 太陽光の赤外線を含むほぼすべての光の波長を熱に変換する同社独自の蓄熱保温素材「HEAT NAVI」(ヒートナビ)を内側の肌に接する面に採用。また、インソールには表面に蓄熱素材を、裏面は通気性やクッション性がある素材を使用している。

 「デサント」のウィンターブーツは、スタイリッシュなシルエットが特徴とのこと。細身でありながらアップデートされた独自のパターン設計によって、さらに着脱しやすくなった。パンツスタイルでも足元がだぶつかず、街中でもスタイリッシュに着用ができる。

[小売価格]
ACTIVE WINTER BOOTS +(アクティブウィンターブーツプラス):1万9800円
ACTIVE WINTER BOOTS SHORT +(アクティブウィンターブーツショートプラス):1万8700円
(すべて税込)
[発売日]10月30日(土)から順次

デサント=https://www.descente.co.jp/jp/


このページの先頭へ