運動・トレーニング

丸紅フットウェア、「メレル」からクラフト感溢れるデザインに仕上げた「JUNGLE MOC CRAFTED」を発売

2021.03.06 14:16 更新

 世界160ヵ国で愛用される米国アウトドアブランド MERRELL(メレル、輸入総代理店:丸紅フットウェア)は、ブランドの大定番である「JUNGLE MOC(ジャングル モック)」を上質なフルグレインレザーとデコラティブステッチでクラフト感溢れるデザインに仕上げた「JUNGLE MOC CRAFTED(ジャングル モック クラフト)」を3月6日から発売する。

 「JUNGLE MOC CRAFTED」は、従来の「JUNGLE MOC」のデザインと機能性を共にアップデートさせたモデルとのこと。アッパーは、「JUNGLE MOC」の特徴でもあるピッグスキンスエードから上質な面持ちと重厚感を魅せるフルグレインレザーに差し替え、アクセントとなるデコラティブステッチを施すことで、クラフト感溢れるデザインに仕上げた。ライニングおよびフットベッドにはピッグスキンレザーを使用することで、通気性を保ちつつ上質な足入れを実現する。また、柔らかく足形にフィットするEVA素材をベースにした3層構造インソールを採用することで、JUNGLE MOC至上最高の履き心地を提供する。アウトソールにはパフォーマンスシューズに向けて独自開発した新アウトソール「メレル マウンテングレード クァンタムグリップ」搭載によって、通常トレードオフの関係性にあるグリップ性と耐久性の好バランスを可能にした。

 従来のJUNGLE MOCを長年愛用する人々も、初めてJUNGLE MOCを着用してみる人も、足を通せばその履き心地とリッチな風貌の虜になること間違いなしの1足となっている。

 「JUNGLE MOC」は1998年にアフタースポーツシューズとして発売されて以来、アウトドアシーンのみならずライフスタイルシーンでも支持を得ている、メレルの人気ロングセラーシューズとのこと。ソールにはマルチスポーツ用シューズ「JUNGLE RUNNER(ジャングルランナー)」のラバーソールを、アッパーにはピッグスキンレザー製スリッポンを採用したこの組み合わせは、発売当時から現代まで変わらない「JUNGLE MOC」の基本構造であり、抜群のフィット感や着脱の容易さ、疲れにくさを生み出している。このソールとアッパーの組み合わせは、当時ミーティングの最中、突然の停電によって会議を中断していた暗い部屋で社員達の自由な会話が飛び交う中で偶然考案されたというエピソードがある。

[小売価格]1万5400円(税込)
[発売日]3月6日(土)

丸紅フットウェア=https://www.marubeni-footwear.com/


このページの先頭へ