運動・トレーニング

三陽商会、紳士靴ブランド「三陽山長」から「プレステージライン」3モデルを発売

2021.03.10 12:04 更新

 三陽商会が展開する紳士靴ブランド「三陽山長」は、ブランド創業20周年を迎える今年、革から仕上げまでビスポークシューズに迫るクオリティを追求した「プレステージライン」を「友二郎」「勇一郎」「源四郎」の3モデルで5店舗および、同社直営オンラインストア「サンヨー・アイストア」で3月10日から一斉発売する。

 「三陽山長」は2001年に日本発高級紳士靴ブランドとしてデビューして以来、日本の職人が誇る「匠」の「技」と「粋」な想いをかたちにする一貫したものづくりを行ってきた。そして品質本位を信条とし、世界最良の素材を使い、日本の熟練職人による質の高い製品を提供してきたという。今年はブランド創業20周年の節目を迎え、さらなる高みを見据えた靴づくりを目指し、革から仕上げまでビスポークシューズに迫るクオリティを追求したいとの想いから、フラッグシップモデルとして「友二郎」「勇一郎」「源四郎」の3モデルをアップデートした「プレステージライン」の発売に至ったとのこと。

 「プレステージライン」は、“ビスポークシューズに限りなく近い一足に仕立てる”をコンセプトに、革から仕上げまで全て上質なクオリティを実現した。インソックス部分にも、誂あつらえ靴=ビスポークシューズを象徴するロゴとして「日本謹製 特別誂靴」の刻印を施し、通常のラインとの差別化を図っている。

 アッパーは、フランス・アルザス地方で1842年から営む歴史あるタンナー「HAAS(ハース)」のボックスカーフレザーを使用している。その特徴は、きめの細かさ、ハリ、しなやかなさを兼備する三拍子揃ったレザーとなっている。

 ライニングは、アッパーと同様に「HAAS」製のレザーを採用し、足をやさしく包み込み、しっとりと吸い付くような肌触りを実現した。

 ソールは、ドイツにて1642年創業の名門タンナー「MARTIN(マルティン)」のオークバークレザーを使用し、その手間暇をかけた製造手法は、耐久性に優れたコバの仕上げも綺麗に表現できる理想的な底材となっている。

 コバ部分は、日本伝統の仕立てといわれ三角形に削り出した“矢や筈はず仕上げ”を採用した。通常の平コバに比べてエッジが効き、端正な印象に見えるのが特徴だ。

 カカト部分は、通常ではシーム(継ぎ目)が入りますが極上素材をより際立たせるためシームレスヒール(一枚仕立ての仕様)を採用した。さらにヒールは底に向かってテーパードしたピッチドヒールに仕上げ、よりエレガンスさを強調した。

 縫製については、よりステッチのピッチを精密に行い、いっそう繊細で引き締まった表情に仕上げている。

[小売価格]各14万3000円
[発売日]3月10日(水)

三陽商会=https://www.sanyo-shokai.co.jp/


このページの先頭へ