運動・トレーニング

ヨネックス、新次元カーボンシャフトで飛距離アップが期待できるシニア向けモデルの「Royal EZONEシリーズ」を発売

2021.01.28 17:02 更新

 ヨネックスは、同社最高級・シニア向けモデルの「Royal EZONEシリーズ」3月上旬から発売する。

 「ドライバーで200ヤード飛ばなくなった」「体が硬くなり長尺シャフトは振り切れない」などシニアゴルファーの悩みに耳を傾け、新たにスプーンと同等の長さで飛ばせる43.75インチの短尺ドライバーをラインアップに加えた。

 全クラブ共通のシャフトには、新次元カーボン「Namd(エヌアムド)(ニッタが開発した「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する技術)」を進化させた次世代の新素材「2G-Namd Flex Force」を中間部に搭載した。しなりと復元力が飛躍的に向上し、ヘッドスピードを高める。また、高強度・高反発のカーボン素材「ナノメトリック(東レのナノアロイ テクノロジーを基に開発した素材)DR」をシャフト全長に、強度と弾性を併せ持つカーボン繊維「M40X(東レが開発した、相反する「高強度と高弾性率」の両立を極限追求した次世代炭素繊維)」をシャフト先端に配置した。これらの3種類のハイスペック素材を複合させた新設計によって、軽さとブレにくさを両立しつつ、高初速・高弾道で飛距離をアップさせる。

 さらにドライバーはカーボンクラウンに「2G-Namd Flex Force」を複合し、フェース上部領域の反発力が向上した。またフェース面とソールに採用したインコアグルーブ(溝)構造によって、広反発性能を実現した。オフセンターヒットにも強く、飛距離を伸ばす。

 アイアンはグラファイト制振材や高反発の新フェース材など5種類の素材による新構造と番手毎に最適なロフトを採用し、低重心と高反発を実現した。

 これまでヨネックスが培ってきた技術力と次世代の新素材Namdによって、スプーンの長さでもドライバーの飛びを可能にしたモデルが誕生した。

[小売価格]
Royal EZONEドライバー:10万7800円
Royal EZONE フェアウェイウッド:6万1380円
Royal EZONE ユーティリティー:4万6200円
Royal EZONE アイアン
 4本セット(#7~PW):14万5200円
 単品(#5・#6・AW・SW):3万6300円
(すべて税込)
[発売日]3月上旬

ヨネックス=https://www.yonex.co.jp/


このページの先頭へ