運動・トレーニング

ミズノ、反発性とクッション性を高めたバレーボールシューズ「ウエーブモーメンタム 2」を発売

2021.01.05 23:35 更新

 ミズノは、新機能素材「MIZUNO ENERZY」をミッドソールに採用し、反発性とクッション性を高めたバレーボールシューズ「ウエーブモーメンタム 2」を、全国のミズノバレーボール品取扱店で2月12日から発売する。

 バレーボールプレーヤーがシューズに求める機能は、より高く飛ぶための反発力と着地の安定性とのこと。「ウエーブモーメンタム 2」は、「MIZUNO ENERZY」の採用によって前モデルに比べ20%(前モデル「ウエーブモーメンタム」との比較。ミッドソール材料を鉛直方向に圧縮した際の材料硬度、反発力に基づく)反発性を高めることでより高いジャンプをサポートする(製品性能は材料性能と異なる。設計などによって効果や感じ方が異なる)。またクッション性も約11%(前モデル「ウエーブモーメンタム」との比較。ミッドソール材料を鉛直方向に圧縮した際の材料硬度、反発力に基づく)高めており、着地時の衝撃も和らげる。さらに従来モデルから採用している独自の幅広のアウトソール形状によって、安定した着地が可能となっている。

 「ウエーブモーメンタム 2」では、新機能素材「MIZUNO ENERZY」をミッドソールの大部分に採用した。「MIZUNO ENERZY」の特長である高いエネルギーリターンが得られることで、踏み込んだエネルギーを反発力へと効率よく変換し、高いジャンプをサポートする。またクッション性にすぐれた素材をミッドソールの大部分(前足部から踵部)に採用することで、着地の際の足への負担軽減を追求している。


 また、外甲部分を張り出したフラットソールで着地時の高い安定性を追求した。アウトソールは前足部が小指付け根を膨らませた幅広な設計、前足部から踵までのフラットな形状によって、着地時に安定感を発揮する。ジャンプ時にはヒールの丸みと、二本の溝によって屈曲性が高まり、ジャンプ直前のスムーズな踏み込み動作をサポートする設計となっている。

 より快適で柔らかい、フィット感を追求したアッパーに仕上げた。紐を通すハトメ部分の構造を改良、同時にメッシュ素材の面積を拡大することで動作時にも高いフィット感を追求した。ハトメ部分にはより柔らかい素材を採用することで、屈曲時にかかる圧力を足の甲全体に分散している。

[小売価格]1万5400円(税込)
[発売日]2月12日(金)

ミズノ=https://www.mizuno.jp


このページの先頭へ