運動・トレーニング

リーボック、デジタルバグをテーマにした「INSTAPUMP FURY」のコンセプトシリーズ「GLITCH」を発売

2020.12.11 18:31 更新

 グローバルフィットネスブランドのリーボックは、来年春夏コレクションから、デジタルバグをテーマにした「INSTAPUMP FURY(インスタポンプ フューリー)」の最新コンセプトシリーズ「GLITCH(グリッチ)」を12月11日から発売する。

 「GLITCH」とは、ゲームやネット上でのバグや誤作動を意味する言葉で、ますますデジタル化が進む現代の潮流を踏襲し採用されたコンセプトとのこと。ベースとなるシューズは2種類あり、リーボックの最もアイコニックなモデルである「INSTAPUMP FURY」に加え、デジタルにインスパイアされた新しいモデル「MODEL F(モデル F)」を同時発売する。

 現代の若者が慣れ親しんだデジタル世界を称えながら、一方でデジタルならではの「歪み」に着目し、突然起こるデジタルのノイズの一瞬にインスパイアされ、「GLITCH」はデザインされた。「INSTAPUMP FURY」には未来的なカラーを投影することで「GLITCH」の世界観を表現し、新モデル「MODEL F」は、「INSTAPUMP FURY」をベースとしながら、今の時代に合わせポンプテクノロジーを再解釈し、デザインしている。

 デジタル上のバグをテーマとした「GLITCH」は、デジタルネイティブ世代に向けたプロダクトとなっている。そこで、若者から多くの支持を集める新進気鋭の4名のイラストレーターが4足のシューズを擬人化、キャラクターデザインを描き下ろした。さらに、4つのキャラクターに話題の声優、鬼頭明里さんをはじめとした、上坂すみれさん、伊波杏樹さん、加隈亜衣さんといった4名の豪華声優陣が声の主を担当した動画も商品発売同日の12月11日から公開する。

[小売価格]
INSTAPUMP FURY OG:1万8000円
MODEL F:1万4000円
(すべて税別)
[発売日]12月11日(金)

リーボックジャパン=https://reebok.jp/


このページの先頭へ