運動・トレーニング

キャスコ、抗菌・抗ウイルス成分Etak加工で長く清潔に使えるゴルフグローブ「タフフィット+」を発売

2020.12.08 17:20 更新

 ゴルフ用品総合メーカーのキャスコは、生地が強く、菌・ウイルスにも強いゴルフグローブ「タフフィット+(タフフィットプラス)」を来年1月8日に発売する。サイズラインアップも豊富で、業界初の0.5cm刻みのサイズや27cm・28cmの大きなサイズ、指が短めのキャデットタイプを展開する。レディスモデルは来年3月21日に発売する。

 同品は、耐摩耗性、引裂強度に優れた人工スエード生地「ベルセイムドライ」を採用。日本製素材ならではの安定した耐久性能を実現する。

 耐久性が良いと長く使えるが、その分、菌やウイルスの付着リスクは高まるもの。タフフィット+は、抗菌・抗ウイルス成分Etakを生地に含浸・固定化することで気になる菌やウイルスをバリアする。また、長く使うと気になる、汗臭などのイヤなニオイも防ぐ。

[小売価格]オープン価格
[発売日]
タフフィット+:2021年1月8日(金)
タフフィット+レディス:2021年3月21日(土)

キャスコ=http://www.kascogolf.com/jp/


このページの先頭へ