運動・トレーニング

ヨネックス、バドミントンシューズ「POWER CUSHION AERUS Z」を発売

2020.10.13 11:36 更新

 ヨネックスは、同社独自の衝撃吸収性と反発性を合わせ持つ「パワークッションプラス」を搭載し、同社最軽量(約250g、26.0cm 片足)の軽さを誇るバドミントンシューズ「POWER CUSHION AERUS Z(パワークッションエアラスゼット)」を12月上旬から発売する。

 「パワークッションエアラス」シリーズは近年著しいスピードプレーに対応できる素早いフットワークをサポートする軽量性が特長とのこと。

 同製品のソールには、軽量素材・ハイパーフェザーライトをベースに反発性を約20%(材料比較・同社調べ)向上、約8%(ソール比較・同社調べ)軽量化した軽くて弾む素材「フェザーバウンスフォーム」を新たに搭載した。高いクッション性で着地衝撃を分散し、足を踏み込むことで生まれる反発を前方への推進力に変換させる。

 アッパーは従来の「シームレスアッパー設計」に加え、「バキューム製法」を新たに採用。材料を真空圧着することで過度な変形を防いで本来のしなやかさを保たせることによって、より少ない素材で形成が可能となった。また、ダブルラッセルメッシュの面積を拡張し、通気性も大幅に向上した。

 かかと部分には「パワークッションプラス」、中足部には足の外側まで立ち上げた形状の「3Dパワーカーボン」を搭載。パワークッションプラスで衝撃を吸収するとともに、3Dパワーカーボンでシューズのねじれ曲がりを抑え、安定性を高める。

 高いクッション性を保ちつつ、従来品から約20gの軽量化に成功した同社史上最軽量のバドミントンシューズ「POWER CUSHION AERUS Z」がスピーディーなフットワークの実現をサポートする。

[小売価格]1万4500円(税別)
[発売日]12月上旬

ヨネックス=https://www.yonex.co.jp/


このページの先頭へ