運動・トレーニング

アディダス ジャパン、アスリートデータに基づいた革新的テキスタイル技術「STRUNG」を採用したシューズ「FUTURECRAFT.STRUNG」を発表

2020.10.09 16:54 更新

 アディダス ランニングは、イノベーションの可能性を探求するプロジェクトFUTURECRAFTから、アスリートのデータをコード化した革新的テキスタイル技術「STRUNG(ストラング)」を用いた、スポーツ業界初のシューズ「FUTURECRAFT.STRUNG (フューチャークラフト ストラング)」を発表した。

 STRUNGは、アスリートとフットウェアのパフォーマンスをさらに向上させるべくadidasが独自に開発した革新的なテキスタイル技術とのこと。一本一本の糸がアスリートのデータに基づいて個別に選別され、データマッピングによってあらゆる方向に緻密に配置されることによって、滑らかで軽い繭に包まれているような履き心地のアッパーが形成される。また足の解剖学に基づいて数千本もの高精度に製造された糸を組み合わせることで、必要な箇所に必要なサポート、屈曲性・柔軟性、通気性、快適性をもたらす。また素材の無駄を省くことで、パフォーマンスや快適性を高めるだけでなく、よりサステナブルな製造を実現している。

 このSTRUNGの特性を伝えるべくデザインされた最初のコンセプトシューズが「FUTURECRAFT.STRUNG」。STRUNGを用いて、特定のランナーに合わせて完全にデータに基づいて設計されたスポーツ業界初となるこのフットウェアは、2022年中の一般発売を予定している。

 FUTURECRAFT.STRUNGは、アスリートのデータをコード化しSTRUNGを用いて製作された、スポーツ業界初のシューズとなる。STRUNGとは、アスリートのデータをそれぞれのニーズに合わせて微調整し素材に反映する、最新のテキスタイル技術。 STRUNGでは、異なる特性の糸を一本ずつマッピングしてプログラミングすることができる。STRUNGマシンは、あらゆる方向に糸をプログラミングし、それらを組み合わせて、継ぎ目のない一枚のアッパー上に異なるパフォーマンスゾーンを構築することが可能だという。 そしてサポート位置や屈曲性、補強や通気性などを必要な箇所に的確に配置できる。これによってこれまでにない快適な履き心地のアッパー形成が可能となる。

 adidasのFutureチームは、インテリジェンスエンジンを活用し、パフォーマンスシューズの更なる最適化を目指した。短距離を速く走るためのトレーニングを行うアスリートは通常、前足部で地面を蹴る傾向がある。STRUNGによって、アスリートのパフォーマンスと動作のデータを設計図に変換し、それを製品に落とし込むことが可能となった。アッパーは必要な特性を持つ繊維を必要な箇所に的確にプログラミングすることで、かかと部分の滑りや前足部の広がりといった問題に対処。このSTRUNGのシームレスなアッパーが、5m/sペースで走るランナーのためにコード化されたADIDAS4Dのソールと組み合わされることで、無駄な素材を省き軽量化しながら、アスリートの動きをサポートしている。

 FUTURECRAFT. STRUNGのクリエーションプロセスとして、まずアディダス独自のアスリートインテリジェンスエンジンを用いて、ランナーのパフォーマンスに影響を与えるさまざまな要素に基づくデータを分析した。フォースプレートから、高速3Dモーションキャプチャー、汗と熱のマッピング、動作やパフォーマンスのデータに至るまで。adidasはランニングそのものだけでなく、アスリートの体験に影響を与えるあらゆるデータを活用する。

 パフォーマンスエンジンのデータは、スポーツ科学者、エンジニア、プロダクトデザイナーから成るチームによって分析された。その結果はSTRUNGのソフトウェアによってプログラミングされ、一本一本の糸に対して、データを物理的デザインへとマッピングした。

 必要に応じた異なる繊維特性をプログラミングし、それらを多方向に配置する技術によって、シューズの必要な箇所に強度と柔軟性をもたらしたアッパーを形成する。数千本もの高精度に製作された糸を組み合わせることで、滑らかで軽量な素材が繭のように足を包み込む。こうして形成されたSTRUNGのアッパーは、完全にコード化されたADIDAS 4Dのミッドソールと組み合わさることで、軽い履き心地と自由な動きを実現した。また、素材や層の無駄を省くことによって快適性を高めるだけでなく、少ない材料でアッパーを作成できるため、よりサステナブルな製品を提供できる。

[小売価格]未定
[発売日]2022年発売予定

アディダス ジャパン=http://www.adidas.com/jp/homepage.asp


このページの先頭へ