運動・トレーニング

リーボック、スペシャルモデル「Reebok x BRAIN DEAD BEATNIK & PUMP COURT」を発売

2020.09.18 11:59 更新

 グローバルフィットネスブランドのリーボックは、LAを拠点に人気を集めるストリートウェアブランド「BRAIN DEAD(ブレインデッド)」とのコラボレーションとして、リーボックのアウトドアサンダル「BEATNIK(ビートニック)」と幻のモデルと呼ばれた「PUMP COURT(ポンプコート)」をベースにしたスペシャルモデル「Reebok x BRAIN DEAD BEATNIK & PUMP COURT(リーボック×ブレインデッド ビートニック & ポンプコート)」を、9月18日に発売する。

 今回発売するモデルは、LAを拠点に活動しているクリエイティブ集団であり、ストリートウェアブランドとしても人気急上昇中の「BRAIN DEAD」とのコラボレーション第2弾とのこと。「BRAIN DEAD」は、ポストパンク、スケートボード、アンダーグラウンドコミックなど様々なカルチャーからインスピレーションを受けた、破壊的なグラフィックで注目を集めている。今年6月にはリーボックのクラシカルシューズである「CLASSIC LEATHER」とのコラボレーションを発表した。

 今回は、リーボックから1993年にアウトドアサンダルとして発売した「BEATNIK」と、1992年に「INSTAPUMP FURY」の試作品として登場し、今年4月に一般発売を果たした「PUMP COURT」をベースに採用している。今回のコレクションでは、LAを拠点とするアートスタジオ「SUPERDOOM(スーパードゥーム)」が制作した「BRAIN DEAD」のコンセプトムービーで描かれたファンタジーな異次元への旅をモチーフにしている。前作同様、異素材を組み合わせたデザインが特徴となっており、今回は2モデルともにあしらわれた、アニマル柄の“ハラコ”素材が際立つモデルとなっている。ポップなビジュアルでありながら、落ち着いたカラーリングによって古の絵画や遺跡を連想させる独創的なトーンに仕上げた。さらに、「BEATNIK」のストラップ部分と、「PUMP COURT」のポンプ部分に施された、“BRAIN DEAD”のロゴとユニークな文字がポイントとなっている。

 「BEATNIK」は、アッパー部分がつま先から履き口にかけて縦方向に縫われるセンターシームのデザインとなっており、サメの歯のようなジグザグの形状からシャークソールと呼ばれるソールデザインを採用している。また、フィット感を調整可能な面ファスナーのストラップを施した、他に類を見ない独創的なデザインから発売当初人気を博した。当時は、日本で正規の取り扱いがなく、並行輸入で極めて少ない数が持ち込まれた。その際、東京を中心に、ファッションシーンをリードする人々が着用したことで、「知る人ぞ知る」マニアック的な人気を誇り、世界的に見ても、特に日本で話題となった1足となっている。2018年には、オリジナルモデルを再現した復刻版がリリースされ、スニーカーファンの間で人気が再燃した。

 「PUMP COURT」は、リーボックの代表的なシューズ「INSTAPUMP FURY」のオリジナルデザイナーであるスティーブン・スミス氏が1992年に試作品としてデザインしたモデルとのこと。「INSTAPUMP FURY」がランニング向けにデザインされたのに対し、「PUMP COURT」はその名の通りテニス用に設計されたが、当時は一般発売されなかったため、幻のモデルとなっていた。昨年の春に「INSTAPUMP FURY」発売25周年記念の一環として開催されたイベント「Reebok 90s House(リーボック ナインティーズ ハウス)」において、初めて日本で展示され、「INSTAPUMP FURY」ファンの間で話題となった1足だという。今年、4月に登場したアップデートモデルは、幻のモデルが初めて一般販売されるということもあり多くの注目を集めた。

 「BRAIN DEAD」は、デザイナーのKYLE NG(カイル・イン)氏によって、LAを拠点に立ち上げられたクリエイティブ集団兼ストリートウェアブランド。音楽やスケートボード、アンダーグラウンドコミックなどのアートまで、様々なサブカルチャーからインスパイアされた大胆なグラフィックとプリントで人気を博し、2014年の設立以来、ここ日本のファッションシーンでも高い注目を浴びている。

[小売価格]
Reebok x BRAIN DEAD BEATNIK:1万7600円
Reebok x BRAIN DEAD PUMP COURT:2万4200円
(すべて税込)
[発売日]9月18日(金)

リーボックジャパン=https://reebok.jp/


このページの先頭へ