運動・トレーニング

アディダス、ZXシリーズから新進素材を伴いビンテージスタイルを復活させた「ZX TORSION」を発売

2019.07.11 17:28 更新

 アディダス ジャパンは、今年秋冬シーズン、1980年代から続く斬新なデザインが特徴的なZXシリーズから新進素材を伴いビンテージスタイルを復活させた「ZX TORSION」を7月11日に発売する。

 ノスタルジックなデザインに革新的技術を搭載した「ZX TORSION」は、「ZX 8000」のシルエットにインスパイアされたキルティングメッシュのシュータン、クラシックなメッシュとスエードを採用し、ZXシリーズのレガシーを讃えている。

 高反発のクッショニングを備えたBOOSTフォームと安定性を高めるトルションバーの組み合わせが快適な履き心地を提供する。

 スエードとリフレクティブのディテールをあしらい、鮮やかなブルーにソフトフェードのネオンイエローというノスタルジックな見た目ながらも、リッチな質感に仕上がっている。

 1984年に誕生したZXシリーズは、80年代のランニングシューズにおける大きなトピックだった。長距離トレイルランナーに向けて開発した同シリーズは、ZX500を皮切りに多くのモデルを輩出した。また、スポーツ用フットウェアのデザインの最先端を走り続け、Soft CellのクッショニングやアイコニックなTorsionシステムといった最新のイノベーションの先駆けとなっている。今回発売となる「ZX TORSION」は、安定性を高めるX型のトルションバーと反発力のあるフルレングスのBOOSTフォームを組み合わせ、メッシュアッパーにはスエードとリフレクティブのディテールをあしらい、リッチな質感のある一足に仕上がっている。

[小売価格]1万5000円(税別)
[発売日]7月11日(木)

アディダス ジャパン=http://adidas-group.jp/


このページの先頭へ