運動・トレーニング

ゴールドウインとSpiber、「THE NORTH FACE」から構造タンパク質素材を使用したウェアを発売

2019.06.20 16:41 更新

 ゴールドウインと、Spiber(スパイバー)は、両社が2015年から取り組んできた共同研究で開発した構造タンパク質素材を使った「Planetary Equilibrium Tee」を、ゴールドウインが展開するアウトドアブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」から8月下旬に発売する。

 アパレル分野から地球規模の環境課題に挑むために始まった両社の共同研究開発では、構造タンパク質素材の実用化に向けた研究と製品の開発を進めてきた。微生物を使った発酵プロセスによってタンパク質を生成し、Spiber 独自の加工技術によって繊維化、紡糸、製織、生地加工、ガーメント制作の各工程でのテストを繰り返してきた。その過程で量産化に向けた数々のノウハウと加工技術を確立してきた。天然のクモの糸を模倣する技術から始まった研究開発は、現在ではより多様なタンパク質素材を作るフェーズに入っており、スポーツアパレルに求められる様々なニーズに合わせた、タンパク質素材の開発を進めている。

 そして今回、両社のコラボレーションアイテムとして、研究開発の意義でもある地球規模の環境課題に対するメッセージを込め、構造タンパク質素材を使用したTシャツを「THE NORTH FACE」から発売する。

 今回発表するTシャツは、「THE NORTH FACE」 とSpiber とのコラボレーションプロジェクト「THE NORTH FACE Sp.」のアイテムとして発売する。「Sp.(エスピードット)」とは、Spiber が始動するコラボレーションプロジェクト。互いの考えに共感する、様々な分野のパートナーと協創(Collaborative Creation)し、多様な視点、多様なアプローチで、この世界を構成する要素間のより良い関係性を考え続け、インタラクティブにデザインしていくことを追求する実験的な試みとなっている。自然との関わり方、人との関わり方を考え続け、最先端のテクノロジーを取り入れながら“DO MORE WITH LESS(最小限のエネルギー・物質で、最大限の機能を引き出す)” を実践してきた「THE NORTH FACE」。“Society,Prioritized.”という軸ですべての意思決定を行う実験的な組織、「Spiber」。互いに強く共感し合い、共同開発を続けてきた両者は、新たなコラボレーションプロジェクト「THE NORTH FACE Sp.」を始動する。アウトドア、ファッション、アート、サイエンス、テクノロジーの境界を横断し、素材の分子配列にまでさかのぼってデザインされたプロダクトを通じて、地球と人類の未来について考えるきっかけを提供する。

[小売価格]2万5000円(税別)
[発売日]8月下旬

ゴールドウイン=http://www.goldwin.co.jp/


このページの先頭へ