睡眠・リラクゼーション

シモンズ、至上のマットレスを目指した「リュクス シグネチャー ピロートップ」など今年のニューラインを発売

2021.11.16 17:27 更新

 シモンズは、“至上のマットレス”を目指した「リュクス シグネチャー ピロートップ」が登場するなど、今年のニューラインを発表、11月中旬から発売する。

 “眠りは贅沢な旅”をコンセプトに、快眠へのこだわりを結集し、常に最上の寝心地を追求し続けるトッププレミアムマットレス「ビューティレストリュクスシリーズ」。このシリーズに“至上のマットレス”を目指した「リュクス シグネチャー ピロートップ」が登場する。新たなコイルonコイル構造、ラテックス素材の活用、さらに通気性を飛躍的に向上させる「3Dブレスメッシュボーダー」仕様の採用など、従来のリュクスシリーズとはまた異なる寝心地を提供する。

 他のリュクスシリーズ(「アルティメイト ピロートップ」「プラッシュ ピロートップ」)も、「3Dブレスメッシュボーダー」仕様の採用をはじめ、快適さが向上した。あわせて、再生した原料を生地に利用した、先進的な取組みの「ビヨンドシリーズ」を上記リュクスシリーズに提供する。

 各カテゴリー「Roots of Simmons」「Quality of Life Design」「Smart Premium」からフレームの新作が登場する。「Roots of Simmons」は、シモンズの歴史と伝統を継承し、最高級の品質と最高度の技術を誇るカテゴリーとのこと。グロゼーユ フーガ(Groseille Fuga)は、上質なレザーを使用し、細部のディテールにこだわった逸品だとか。肉厚のクッションに、丁寧に施されたタフティングが存在感を強調する。「Quality of Life Design」は、木の質感を活かし、眠りのデザインにこだわり、五感に触れるものづくりを大切にしているカテゴリーだとか。リランバー(Relumber)は、木目の色調を活かしたラインがナチュラルな空間を醸し出す。床や家具の製造工場から出る木材を選り分け、集成材にしたものを使用した地球環境にやさしいフレームとなっている。その他、「ノートリーフ」「コルダータ」「グランダーソン フラット」などの新作が登場する。「Smart Premium」は、環境や次世代テクノロジーを考え、シンプルさ、快適さを、様々な形で提案しているカテゴリーといなっている。バーゼリア(Berzelia)は、上品な雰囲気を漂わせるボタン・タフティングが施された本革ヘッドボード。快適な傾斜が、心地よい豊かな空間を提供する。その他、「ミルノッテ」、より高級感ある仕様になった「グランぺリア」などが登場する。

 フィヨルドの新作として電動リクライニングチェア「ボー リクライナー」が登場する。シモンズのリビング製品の中心的存在であるリクライニングチェア「フィヨルド」。その「フィヨルド」に、電動リクライニングチェア「ボー リクライナー(BO RECINER)」が加わる。右手元のスイッチで、背部の角度、足部の角度を調整、充電後はコードレスで使用できる。またポケットコイルを内臓したソファ「ポケットプラス」では、「カプラノス」がよりモダンで軽快なデザインにリニューアルして新登場する。

[小売価格]
リュクス シグネチャー ピロートップ:セミダブル 83万6000円~
グロゼーユ フーガ:ダブルクッション セミダブル 56万6500円~
リランバー:シングル 19万8000円~ バーゼリア ダブルクッション:シングル 26万8400円~
ボー リクライナー:38万5000円
(すべて税込)
[発売日]11月中旬

シモンズ=https://www.simmons.co.jp/


このページの先頭へ