睡眠・リラクゼーション

フランスベッド、うつ伏せ・仰向け・横向き寝のそれぞれにフィットする低反発枕「ウミガメピロー」を発売

2021.09.18 18:48 更新

 フランスベッドは、うつ伏せ・仰向け・横向き寝のそれぞれにフィットする低反発枕「ウミガメピロー」を10月1日から発売する。

 「ウミガメピロー」は、2月発売の「スノーレスピローミニ」に続く、ステイホーム需要に応えたアイテム第2弾で、その名の通りウミガメをイメージした独特なシルエットが特徴の枕となっている。ユニークなシルエットは、デザイン性にくわえ機能性を考慮しており、コロナ禍で増えた「おうち時間」で快適に活用できる。枕のサイド部分は、うつ伏せや横向き寝の際に腕の位置を定めやすい「アームフィットカーブ」を採用。日中のスマートフォン操作やごろ寝でのテレビ視聴などをサポートする。また、仰向け寝時に後頭部を包み込むようにサポートする「ヘッドフィット」や、緩やかな傾斜が頸椎を支える「ネックフィット」を取り入れており、就寝時でも快適に使用できる。

 「ウミガメピロー」のカバーには、東洋紡が開発した除菌機能糸「AGliza(アグリーザ)」を使用しているため、繊維に含まれる銀イオンにより除菌(「抗菌」性能が高いことを「除菌」という言葉で定義している)機能を発揮する。付属の「高さ調整シート」を活用することで、仰向け寝時は好みで4つの高さ(「枕の向き2パターン」と「高さ調整シートあり・なし」の組み合わせで4通り)を選べる。

[小売価格]7980円(税込)
[発売日]10月1日(金)

フランスベッド=https://www.francebed.co.jp/


このページの先頭へ