睡眠・リラクゼーション

西川、まくらシリーズ「finesmooth」のオンラインセルフチェックサービスをスタート

2021.08.30 16:02 更新

 西川は、同社が展開するまくらシリーズ「finesmooth(ファインスムーズ)」から、オーダーメイド感覚で自分に合うまくらの測定ができるオンラインセルフチェックサービスをスタートした。自宅にいながら、中身の素材(詰め物)のチャート判断とWEBアプリを活用したまくらの高さ測定で、全27種類のラインアップから自身にぴったり合うまくらをオーダーできる。

 「finesmooth」は、西川オリジナルの寝心地を重視した特許構造のまくらシリーズとのこと。首・肩・後頭部をマルチに支え、流動性を持たせた内部構造によって寝返りもスムーズにサポートする。側生地には軽くて柔軟な素材を使用し、通気性に優れたしなやかな感触だとか。また、素材や高さ、ライフスタイルに合わせた機能など、好みに合わせて選べるバリエーションの豊富さも「finesmooth」の特長となっている。素材やサイズの異なる全9種類のまくらを、それぞれ低・中・高の3種類の高さで用意し、全27種類を展開する。

 今回スタートするオンラインセルフチェックサービスでは、「finesmooth」の多彩なラインアップの中から自身に合うまくらを導きだす。中身の素材(詰め物)はチャートを答えることで、9種類の中から理想的な寝心地の素材をセレクトする。まくらのフィット感を左右する高さは、WEBアプリで後頭部から肩までのラインと肩幅を撮影し、仰向け寝と横向き寝におすすめの高さを測定する。この2つの結果から、自身にぴったり合う「finesmooth」のまくらを選ぶことができる。また、すべての商品には取り外し可能な高さ調整用ウレタンシートを付属し、まくらに設けた4箇所の高さ調整口から中身の出し入れが可能なので、自宅で簡単に高さの微調整が行える。さらに、ブランドサイトでは、まくらの正しい使い方や、適切な高さを見定めるチェックポイントなども紹介。まくら選びの参考にしてもらえる。

 ぜひこの機会に、自宅にいながらオーダーメイド感覚で自分に合うまくらが見つかる「finesmooth」のオンラインセルフチェックサービスを試してみてほしいという。

 西川では、社内研究機関である「日本睡眠科学研究所」監修のもと、1万人の睡眠実態を追った「西川 睡眠白書」を2018年から毎年発表しているす。今年も9月3日の「睡眠の日」に「西川 睡眠白書 2021」をホームページで公開する。

 今年の調査では、「不眠の疑いが高い」という人が約5割となり、睡眠の質に対して「満足している」と答えたのは31.7%と低い結果となった。これらの結果は4年間の調査でほぼ横ばい状況であり、引き続き日本人の睡眠環境は改善の必要性が高いことがうかがえる。

[小売価格]
ファインクオリティプレミアムシリーズ:各1万9800円
ファインクオリティシリーズ:各1万5400円
ベーシッククオリティシリーズ:各1万2100円

西川=https://www.nishikawa1566.com/


このページの先頭へ