睡眠・リラクゼーション

コアラ、初のショールーム一般公開イベント「コアラのお部屋へようこそ。」を期間限定で開催、コアラマットレスやコアラピローなど多くの寝具・家具を実際に体験

2021.07.12 18:26 更新

 コアラスリープジャパン(以下、コアラ)は、東京・表参道のショールームでは初となる一般公開イベント「コアラのお部屋へようこそ。」を7月1日から7月31日まで開催中だ。イベント期間中は、D2C(メーカー直販)ビジネスモデルを採用する同社が販売する多くの商品を実際に体験することができる。

 コアラでは、寝具・家具のD2Cビジネスモデルを展開しているが、120日間の返品返金保証を採用しており、自宅でその寝心地や使い心地を心いくまで試すことができる。今回、これに加え7月限定で、同社ショールームでの一般公開イベント「コアラのお部屋へようこそ。」を実施することで、コロナ禍によって制限がある中、より気軽に寝心地や使い心地を確認できるようになった。

 イベントでは、シグネチャーアイテムであるコアラマットレスだけではなく、コアラピローやコアラベッドフレームなどの寝具、コアラソファーやコアラワークデスクなどの家具も体験できる。また、SNSに投稿した人にはコアラオリジナルのトートバッグ、タンブラー、タオル、ノートをプレゼントするとのこと。会場の様子をInstagramストーリーかTwitterで告知。Instagramは「@Koala.jp」、Twitterは「@KoalaMatteressJP」をメンションして投稿し、投稿画面をスタッフに提示すると応募完了となる。

 コアラは2015年にオーストラリアで創業され、2017年に日本へ上陸した。日本では、いち早く寝具・家具ブランドとしてD2Cのビジネスモデルを採用し、常に最新のオンラインショッピングの顧客体験を提供している。主力商品であるコアラマットレスは世界の様々な国で愛用されている。同社は徹底的な市場調査を行い、日本人に最適なかたさのマットレスを実現すると共に、高温多湿な日本の気候に合わせ余計な熱や湿気を逃す設計を施し、最高の眠りを提供している。

 2019年12月にコアラピロー、2020年6月にコアラベッドフレームの販売を開始し、快適な睡眠を実現する商品ラインアップを拡充している。これと同時にコアラソファー、コアラソファーベッドなど日常生活を彩る家具も販売。日本人の座り姿勢や日本の住環境に併せたサイズなど設計にもこだわっている。

 さらに、2017年からは世界自然保護基金(WWF)とのパートナーシップ締結によって、150万豪ドル以上をコアラマットレスやコアラソファーなどの売上の中から寄付している。日本では、コアラマットレスの売上の一部は南西諸島に生育する固有種であるアマミノクロウサギ、ミヤコカナヘビの保護にも使われている。

 コアラブランドでは、「良質なものを身近に、手軽に、気持ちよく」をミッションに、今後も睡眠から日常の暮らしまで快適なライフスタイルを提供していく考え。

[「コアラのお部屋へようこそ。」概要]
開催日時:7月1日(木)~31日(土)10:30~17:00
会場:コアラショールーム(東京都渋谷区神宮前5-43-7 ART WORKS表参道1F)
体験可能商品:コアラマットレス、コアラピロー、コアラベッドフレーム、コアラファブリックベッドフレーム、オールシーズンユーカリベッドリネン、ベッドサイドテーブル、コアラダイニングテーブル、コアラダイニングチェア、コアラソファー、コアラソファーベッド、コーヒーテーブル、リラックスチェア、コアラワークデスク、コアラワークチェア

コアラスリープジャパン=https://jp.koala.com/
「コアラのお部屋へようこそ。」公式サイト=https://jp.koala.com/koko-room-campaign


このページの先頭へ