睡眠・リラクゼーション

フランスベッド、4つのポジションに変形する電動ベッド「離床支援マルチポジションベッド」を発売

2020.12.01 12:24 更新

 フランスベッドは、寝姿勢から立ち上がり姿勢まで4つのポジションに変形する電動ベッド「離床支援マルチポジションベッド」を展開している。今回、幅広い世代からのニーズに応えてインテリア性と実用性を加えた「MPB-020C」を11月30日に発売した。

 「離床支援マルチポジションベッド」は、「介護人材の不足」や「老老介護」などの介護における課題解決を目指し、フランスベッドが5年をかけて開発した電動ベッド。主に医療・介護での利用を想定していた商品でしたが、当初の想定よりも幅広い世代から、また生活の質の向上を求める人々からも要望が多く寄せられ、より利用シーンに合わせたデザインの「MPB-020C」を今回開発した。

 同商品は、「離床支援マルチポジションベッド」の機能はそのままに、ヘッドボード、サイドグリップ、フレームサイドをモダンな木目調とし、家庭のインテリアにより調和するデザインに仕上げた。ヘッドボードには便利なスライドコンセント(1口)とLED照明つきとなっている。

 「離床支援マルチポジションベッド」は、4つのポジションに変形する電動ベッド。リクライニングポジション(ベッド上・座位)では、背上げ・脚上げに加えて、両サイドの床板がやさしく包み込むサイドアップ機能によって安定したリラックス姿勢を実現する。シーティングポジション(端座位)では、ベッドが椅子のように変形し、後ろに転倒することもなく、足底を床にしっかり付ける座位をとることができる。スタンディングポジション(立ち上がり)では、座面部分がリフトアップすることで、利用者の立ち上がりをサポートする。寝姿勢から立ち上がり姿勢までの操作はボタン1つで完結する。またシーティングポジションでは、安定した座位を実現するだけではなく、背上げ角度や膝の角度を自由に調整できる。停電時には、付属のバッテリーによってベッドポジションまで戻すことが可能なため、有事の際にも安心して使うことができる。

[小売価格]
固定脚:106万円(非課税)
キャスター脚:118万8000円(税込)
[発売日]11月30日(月)

フランスベッド=https://www.francebed.co.jp/


このページの先頭へ