睡眠・リラクゼーション

フィリップス・ジャパン、光目覚まし時計「SmartSleepウェイクアップライト」を発売

2020.11.16 20:43 更新

 フィリップス・ジャパン(以下、フィリップス)は、「2030年までに25億の人々の生活を向上させる」を達成目標に掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち、すべての人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現をめざしている。

 今回フィリップスは、全世界で累計200万台以上販売している、心地よい就寝と目覚めをサポートする光目覚まし時計「SmartSleepウェイクアップライト」を11月26日からAmazonおよびフィリップス公式オンラインストア 楽天市場店で販売開始する。11月16日から先行予約を受け付ける。

 フィリップスの睡眠領域におけるソリューション「SmartSleepシリーズ」は、睡眠に関する幅広いソリューションを提供することで、多くの消費者の生活を改善することを目指している。昨年発売した「SmartSleep ディープスリープヘッドバンド」に続く第二弾として、「SmartSleep ウェイクアップライト」は、子育てや夜勤などで不規則な時間や冬場まだ外が暗い時間に起床する場合にも、太陽光に照らされたような温かい光で自然と目が覚める心地よさを提供する。また就寝時に日没後のように徐々に室内が暗くなるスリープライトモードを使用することで、気持ちをリラックスさせ自然な眠りをサポートする。

 テレワークなどの新しい生活様式が浸透し始め、人々の生活も大きく変化しているなかで、フィリップスが1万人に実施した睡眠に関する調査(フィリップス調べ。(調査対象:25歳から69歳までの男女1万人、調査期間:4月17~20日))では、目覚め・寝つきが悪いと回答した割合は27%に及んだ。フィリップスは、125年を超える照明分野での知見に加え、40年以上にわたる睡眠領域の研究成果をもとに、心地よい目覚めや就寝に光はとても重要な要素だと捉え、光目覚まし時計を開発したという。ユーザの生活パターンに合わせ、心地よい就寝と目覚めをサポートする「SmartSleepウェイクアップライト」は、現代日本人の抱える悩みに対応していく考え。

[小売価格]1万4960円(税込)
[発売日]11月26日(木)

フィリップス・ジャパン=https://www.philips.co.jp/


このページの先頭へ