睡眠・リラクゼーション

大塚家具、東京・銀座7丁目に寝室特化型専門店「IDC OTSUKA Bedroom Gallery GINZA」をオープン

2020.09.26 14:00 更新

 総合インテリア販売の大塚家具は、銀座7丁目に大塚家具が新たに展開する寝室特化型専門店として、個室のようなラグジュアリーな空間でプライベートコンシェルジュが特別な寝室環境を提案する「IDC OTSUKA Bedroom Gallery GINZA」を9月25日にグランドオープンした。

 大塚家具が8月に実施した睡眠に関するインターネット調査では、コロナ禍で家で過ごす時間が増えているなか、今よりも良いベッドやマットレスを求める人が56.0%、コロナ禍で睡眠時間が減った人で87.1%、コロナ禍で睡眠時間が増えた人でも74.6%の人が、「今よりも良いベッドが欲しい」と回答しており、ベッドや寝具に関して欲求が高まっている。

 「IDC OTSUKA Bedroom Gallery GINZA 」は1階から8階までの全8フロア。銀座を訪れる上質なライフスタイルを求めるエグゼクティブな消費者に対して、オンリーワンの寝室に特化した専門店として、最高峰の寝室空間を提案する。

 1階の特別スペースは、銀座のメインストリートである中央通りに面する好立地を活かし、銀座発の情報発信や体験の場として、寝室のポップアップスペースを展開する。

 2階には、特別な消費者を迎えるサロンを。3階~5階の各フロアでは、世界の名立たるベッドブランドのベッドと寝具をそれぞれ展開する。

 6階・7階は、著名なスタイリストやデザイナーとコラボレーションしたコンセプトフロア。上質なインテリアとアートが融合した寝室空間を体験できる。

 8階には米国の老舗ブランド、キングスダウン社と共同開発したプレミアムマットレスブランド「レガリア」の最高峰マットレスが銀座限定で登場する。また、大塚家具のネットワークを活かしたオーダーメイドやカスタムメイドの家具、寝室を美しく彩るファブリックなど、数々の有名ホテルや旅館を手掛けてきたノウハウを活かして理想の寝室づくりをサポートする。

 また、寝室環境を整える最新家電や、新しい暮らし人を実現するIoT家電などを組み合わせて、次世代の寝室を提案する。

[店舗概要]
名称:IDC OTSUKA Bedroom Gallery GINZA
所在地:東京都中央区銀座7丁目8番地9号
営業時間:11:00~19:30 予約制
最寄駅:東京メトロ銀座駅A2出口から徒歩約6分
    JR山手線/新橋駅(出入口1)徒歩約6分
面積:約720m2 全8フロア
取扱商品:ベッド、寝具、カーテン、照明のほか、ソファ、アームチェア、ダイニング、TVボード、サイドボードなどの家具および家電、アートなど
オープン日:9月25日(金)

大塚家具=https://www.idc-otsuka.jp/


このページの先頭へ