睡眠・リラクゼーション

アップリカ、たためるベビーベッド「ココネル」の最新モデル「ココネル エアープラス」を発売

2016.06.16 19:19 更新

 アップリカ・チルドレンズプロダクツは、たためるベビーベッド「ココネル」の最新モデル「ココネル エアープラス」を、7月上旬から全国のベビー用品専門店・百貨店・ネットショップなどで発売する。

 「ココネル」は、「大きい・場所をとる」、「収納場所がない」など、既存のベビーベッドの構造に不満を抱えているママが多い(2011年7月アップリカ調べ)なか、それを解決するためにうまれた“たためるベビーベッド”。2013年11月の発売以降、消費者に好評を得ているという。アップリカだけ(SG/PSC取得ベビーベッドにおいて(2015年8月アップリカ調べ))のコンパクト折りたたみ構造で、収納時も場所をとらないという。また、車のトランクにもすっきり載せられるので、帰省先などでも、家の中と同じベッドを使うことが可能となっている。

 今回の「ココネル エアープラス」は、赤ちゃんの快適な眠りを考えた機能を搭載した。通気性の高いクッション材「シルキーエアー」をマットに採用し、従来品に比べ熱がこもりにくい構造を実現した。さらに、マットの表面には、デリケートな赤ちゃんの肌にやさしいなめらかな肌ざわりの生地を使用している。また、肌トラブルの原因となる汗や雑菌から赤ちゃんを守るため、マットは取り外して洗濯機で丸洗い(手洗いコースなど)が可能、清潔に使うことができる。

[小売価格]3万2000円(税別)
[発売日]7月上旬

アップリカ・チルドレンズプロダクツ=http://www.aprica.jp/


このページの先頭へ