睡眠・リラクゼーション

ECショップ「パジャマ工房」、母の日のプレゼント用のオーダーメイドパジャマの注文受付を開始

2016.04.11 14:45 更新

 「パジャマ工房」を運営するラブリーは、1959年の創業以来、既製のパジャマでは満足できない人に向けて、さまざまな生地素材やデザインなどによって、一人ひとりに合った最良のパジャマを提供している。オーダーメイドパジャマは、1枚ずつ職人が手作りする。着用する人の身長、体重、普段愛用している洋服などのサイズが分かれば、最適なサイズで製作することができるという。製作期間は、注文後約一週間となっている。4月1日から、母の日のプレゼント用のオーダーメイドパジャマの注文受付を開始。4月18日までの間に申し込むと、ポイントが5倍となる早割セールを実施中だ。

 上質な素材を使ったパジャマの製造と、インターネットショップ「パジャマ工房」での販売を行うラブリーは、母の日のプレゼント用のオーダーメイドパジャマの製造・販売を行う。4月1日から、「パジャマ工房 楽天市場店」で早割セールを開始した。

 4月1日から開始した「母の日ギフト 特集」では、注文を受けたパジャマを1枚ずつ職人が手作りするという。サイズは、直接採寸する必要はないとのこと。着用する人の身長、体重、普段愛用している洋服などのサイズが分かれば、最適なサイズで製作することができるという。製作期間は、注文後約一週間となっている。

 また、4月18日の午前9時59分までに注文すると、期間限定でポイントを5倍とする、「早割セール」を実施している。

 注文は、インターネットショップの「パジャマ工房 楽天市場店」にアクセスし、気に入った素材やデザインのパジャマを、オーダーメイド指定して購入手続きを行う。次に、上着サイズ、パンツサイズ、打合せ、身長、体重、着丈ほか、計10項目のオーダーメイド内容を指定する。なお、オーダーメイドに対応していない商品もあるという。オーダーメイド購入は、パソコンのほかスマートフォンからも可能となっている。

 無料ラッピングはもちろんのこと、期間限定で6種類の母の日ラッピングを選ぶことも可能とのこと(有料:500円)。

 ラブリーでは、1959年の創業以来、既製のパジャマでは満足できない人に向けて、さまざまな生地素材やデザインのパジャマを希望するサイズで製造。一人ひとりに合った最良のパジャマを提供するサービスを開始した。以来、これまで、敏感肌や疾患のある人には、それらの問題を解決するための特別仕様のパジャマや、既成品では対応が難しい高齢者の介護用パジャマの製造なども手掛けている。パジャマに使う生地は、天然素材を中心に、可能な限り日本製品を使用しているとのこと。品質の高さはもちろんのこと、耐久性、風合い等、「パジャマ工房」店主自らが手に取り選び抜く。店主が納得した上で、購入者が満足できる生地で作ったパジャマを提供している。中でもオーガニックコットン(有機栽培綿)生地は、化学薬品による肌刺激が少ないことから、アトピーなど肌の敏感な人から高い評価を得ている。

 ラブリーは、創業以来50余年、長年のパジャマ作りの経験から、独自のノウハウを蓄積してきた。パジャマに求められる品質はもちろん、デザインや素材に合わせて最良の縫製仕様を研究してきたという。同社企画、同社生産、経験豊富な職人による丁寧な縫製と、パターンから裁断・縫製、仕上げに至るまで徹底的にこだわることで、着心地が良いという高い評価を得ているという。この結果、「パジャマ工房」で販売するオーダーメイドパジャマは、生産数が日本一となっているとのこと(同社調べ)。市場にあふれる安価な海外製品とは一線を画す、価格に見合った品質との評価を得ており、日本国政府専用機の機内用パジャマにも採用されている確かな品質と信頼性を誇っている。

 「パジャマ工房」は、日本製パジャマの専門店として、良質な睡眠を求め、またパジャマにまつわるさまざまな問題を抱える人々への周知を図ってきた。現在まで、顧客ごとの約7000件の生産カルテを紙ベースで保管し、リピート生産に利用している。今後は、カルテのデーターベース化をすすめ、顧客の利便性向上に努めていく考え。また、2015年度は、カリスマブロガーのちきりんとのコラボレーションによる「ちきりんプロデュースパジャマ」を発売。また、約2200枚のオーダーメイドパジャマを販売した。

[発売日]4月1日(金)

ラブリー=http://pajamakobo.co.jp/


このページの先頭へ